Entries

2012年の展望~radikoの行方・2

radikoについては、昨年私の別のブログに何度か書いています。
フロムさんの大きなお世話~コミュニティFM編というのですが、興味のある方はご覧ください。
その一部を紹介しますと。

最近、気になっているブログがあります。
「radikoは救世主なのか、という話。」
http://freefielder.jp/blog/2011/01/radiko.html
結論は、衝撃。
「ラジオ局は、radikoに参加することによって全日平均聴取率が0.006ポイント増加することが期待できる。」だそうです。
でも、こんな慰めの言葉も。
「実数として一日40万人のリスナーが増えたので、それはそれで大きい…という考え方もあるでしょう・・」
で、radikoは救世主なのか?という問いに対しては冷たくこう言われます。
「radikoが地上波ラジオの救世主になるという認識は限りなく甘い考え、な気がします。」



最後の絶望的な宣告は、多分今のようなことをやっていたらダメ、何か別の方策を考えなさいとご教示いただいていると解釈すべきでしょう。
ラジオをラジオのままでradikoにしても、本質的には変わっていないのだから何も生まれないという意味なのだと考えてください。
もっとも、ご紹介したブログは昨年の1月段階のものであり、1年たった今では、微妙に状況は変わっているかもしれません。
ただ、残念なことにポジティブな情報は、私の知るラジオ関係者からはこれといって聞かせていただけませんでした。


ある人はこう言いました。
ーradikoの利用状況は、もちろんラジオ関係者なら把握している。
ーでも、それが外に出ると、ほとんどの局が困る。
ー実際のデータは、例えばあるラジオ局にとってはあまりにも悲惨だったりする。
ーだからradikoをラジオのマーケティングに使われたら、困惑する局が続出すると思われている。
ーradikoは、こんなに凄いとあまりラジオ側から言わない理由は、そういうところにあるんだろうね。


ならばと私は思いました。
radikoでよく聞かれているラジオ局もあるはずなのだから、その局だけでも「radikoでこんなに聴かれています」とプロモーションしてもいいのではないかと。
ここで差をつけるチャンスじゃないですか。
でも、その人は言いました。
ーそれでも、外に大々的に言えるほどのデータじゃないということだと思うよ。


データを外に出せなければ、それがラジオの救世主になるとはとても言えません。
スタートしてから1年あまり経ったのです。
そろそろ対外的にradikoのデータを、例え数字的に低くても発表すべきではないでしょうか。
何もデータがなければ、好意的なネットユーザーも応援のしようがありません。
情報は公開されてこそ、次の展開が生まれるのではないでしょうか。
とはいえ、聴取率でさえ、数字が悪いラジオ局は対外的に発表しないのが普通です。
radikoのデータだけ悪くても出すなんてこと、業界の体質から考えてありえないことかもしれません。


ということで、radiko、今後の動向に大きな期待を持って注視していきたいと思っております。


さて、これからFM大阪の同期と新年の飲み会です。
radikoの話、はたして出てくるかな?




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/79-f0b4909c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる