Entries

どうなるマルチメディア放送

マルチメディア放送って何?
そう聞かれると困るが、FM東京が作ったサイトを見れば、ある程度の答はわかるだろう。
V-Lowマルチメディア放送ともいう。
で、それを一般化させるためにつけた愛称がi-dio、その下にAmanekチャンネルがあったり、TS ONEチャンネルがあったり、Crimson FMがあったり、Creatorsチャンネルがあったりする。
他にもKANSAIチャンネルとか、地域によって色んなネーミングのチャンネルがある。
他にもBICとか、VIPとか、地域の冠をつけた○○マルチメディア放送とか。
なんだろ、これ。
一般の人にとって、何が何だかわからない構造になってはいまいか。


何を考えてこんなややこしいネーミングにしたのだろう。
それに地方自治体に販売するために、V-ALERTという用語も使う。
展開する側にコンセンサスがないまま、その都度その都度何らかのレッテルを貼るしかなかったのだろう。
名前が普及する前に、言葉(記号)が混乱している。
ムーブメントを起こす側が絶対にやってはいけないことではないか、単純化できないものは人々に伝わらないのは鉄則だろう。


で、その混乱は、官庁がらみで進んでいる。
もはや、FM東京が進めてきた方策は、嵐の中で錐もみ状態だという人もいる。
いわく、民放連全体でバックアップできる体制ではない。
NHKを絡ませられなかったのが、一番の問題だ、とか。
ミュージックバードで犯した愚の再現をまたなぜやるのだろうと私も思う。
こういうことに何百人という関係者が右往左往している。
そう、これで何らかの成功が待っているなら、やる気も生まれようが、どこに成功という旗が見えるだろうか。
毎日、意味もわからず塹壕を掘っている。
そこにどんな夢が語られようか。


今からでも遅くない、まずネーミングを単一化、単純化することだ。
ややこしいものを一つの言葉で語られるようにすることから始めるべきだ。
FM放送という言葉で、かつて新しいサービス放送を確立させたみたいに。
シンプルでないものは、多くの人々に伝わらない。
関係者が頭の整理ができない現状では、最善の策など生まれようか。
マーチャンダイジングの失敗、それはもはや否定できないだろう。


私の後輩が関わっている自治体関連との提携は、少しずつ前に進んでいるという。
これだけでも成功させたいと彼らは願っている。
しかし、それで全体の収益構造が好転することを想定するのは困難だろう。
好転する前に、投資費用が枯渇するという危惧は消えない。
マルチメディア放送という業態を成功につなげるには、人的にも金銭的にも不足しているのが現状だろう。
不足しているからそれを補足しようと思っても、それを調達することが果たして今の主体に可能だろうか。
それは辺境からやってくるのかもしれないと前に書いた。
ただし、関係者にそれを受け入れる度量があるかどうか。


日々干上がるマルチメディア放送という湖。
それでも、そこに住む魚たちは少ない水の中でピチピチはねている。
そこに慈雨はあるのだろうか。
無駄にはねても、助けの水の流れは訪れはしない。
さて、これからどうするのだろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/347-088dc316

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる