Entries

ラジオは消費税に耐えられるか(その2)

radikoプレミアム、ネット上では色々と議論されているようだが、肝心な局内外ではほとんど情報が発信されていない。
オーソライズされていることが少ないのだろう。
大体、私の出身の放送局(FM851)は、具体的な情報をほとんどサイトに掲載していない。
いわゆる様子見の放送局の一つ、TOKYOFMがど真ん中に「エリアフリー通信開始!」とニュースを上げているのに、その事実すら見当たらないのは情けない限りである。


さて、radikoを使ってどんなマーケティング戦略を打ち出すのか、大いに期待したいところだが、何か問題ありありのようで今後どうなるか見えてこないようだ。
具体的に数字(売上)となって、目にみえるようにならないと何もできないのがラジオ局の本音なのかもしれない。
代理店さん何とかしてください、なのだろうな、相変わらず。


さて、消費税が8%になって半月が過ぎた。
消費税導入による影響は軽微というプロパガンダもどきの情報がニュースサイトで流されているが、個人的にはどうもそんな気がしない。
4~6月はある程度落ち込むが、7~9月は元へ戻るという楽観論には少し考えさせられてしまう。
その根拠は何なのだろう。
確かに公共投資などを通じて国から資金がばらまかれ、それが各人の収入を増やし、少々の出費増は吸収できるというのだろうが、一体その各人の収入増はいつやってくるのだろう。
それが見えなければ、支出を安易に増やそうという気になるはずもない。
マインドセットとして、デフレ仕様になっている国民の気分を、どうやってインフレ仕様に変えることができのだろう。
デフレのマインドセットは強固である。
よほどの収入増がなければ、その壁は崩れない。
景気が上向いているという観測は企業側から出ているが、それが何故消費者側から現れないのだろう。
単純に還元されていないだけなのか、それとも企業の売上増はそのまま国外に流れて行ってしまっているのか。
消費が活発にならなければ、広告費も増えない。
広告費が増えなければ、その末端にあるラジオにも恩恵は行かない。
ざっと見るに、ラジオの業績、少しもよくなったようには思えないが、何か新しい芽生えのようなものがあるのだろうか。


私はタイトルに「ラジオは消費税に耐えられるか」と書いた。
消費税を払えないという意味ではない、消費税アップによって売上はさらに減るのではないかという危惧があるからだ。
広告主の立場に立てばわかりやすい。
例えば、ある商品の広告費に今まで10.5億使っていたとする。
これが4月から、10.8億円になるのだ。
例えば、会社の経営会議で、これから広告宣伝費は10.5億が10.8億になりますのでよろしくと宣伝担当役員は言えるだろうか。
自動的に3%弱予算が増えますなどと、しれっと言えるものだろうか。
考えても見よう、人件費のアップにちゃんと3%弱のアップ分を含んでいるだろうか。
5%から8%に上がることに文句が言えないものは、そのまま受け入れるだろうが、相手次第で何とでもなるものにはそのまま3%弱のアップ分を反映させるわけはないのだ。
大企業でさえ、今年の春闘の賃上げアップは定昇も含めて2%そこそこだと聞く。
つまり、給料のアップ分は8%の消費税に耐えられない、そう考えるのが普通だろう。
当然、実質的な消費減にならざるをえない、もちろん、持っている貯金を使え、老人がためこんでいる金を優遇制度を利用して、じゃんじゃん使えという考え方もあるだろうから一概には言えないが。


話がそれた、企業の広告費の話だ。
企業は、不必要な金を使うことに慎重、それが今の時代だ。
本当にバブル以前の、何かよくわからない金が、適当な名目で支出されていた時代とは違うのだ。
その時代に、ラジオに広告費を使う理由がどこにあるだろう。
3月まで支払っていた額を、消費税が8%になるからと言って、その分を増やしてラジオ局に払うなんてことを簡単に決めるだろうか。
何しろ、大企業となると、広告費をとりまとめるのは広告代理店だ。
必要なものには、当然消費税も含めてアップした額を支払うが、つきあいで出している広告とか、なりゆきで続いているラジオ番組とかに、さらに消費税をアップさせて支払ってくれたりするだろうか。
いい機会だ、3月で終了、なんて事例、どれほどラジオの世界にあったことだろう。


とにかくラジオにサプライズがなさすぎるのだ。
radikoをイノベーションの材料にする雰囲気はあまり感じられないし、V-Lowマルチメディア放送もその魅力を語ることができていない。
はるかに消費税8%のイメージが勝っている。
わざわざラジオに広告費を出そうとされているクライアントのために、ラジオは何ができるのか、それをもう一度認識しなおす必要があると思うのだが。

ラジオは消費税アップに耐えられるのか、気になって仕方がないことの一つだ。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/292-ea741fa6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる