Entries

ラジオは消費税に耐えられるか(その1)

ラジオ周辺、ほんの少し騒がしい。
まずはradikoのトラブル。
どうもradikoプレミアムのプログラムが杜撰だったため、トラブルが続出しているらしい。
radikoプレミアムに大きな問題点。ログイン台数制限とそれに付随するトラブル(一応解消?) 」と題されたブログに、詳しい情報が載っている。
radikoのサイトでは、一応不具合は解消されたとあるが、ブログ主は、多分力技で処理したのではないかと指摘している。
いわゆる小手先の処理(ログイン台数制限の部分をカット?)らしいが、せっかくのスタートに暗雲が漂い始めたようだ。


別のブログ「伊集院光が苦言『radiko.jpプレミアムは破格に高い』無告知でログイン台数制限など問題続出」では、『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、radikoプレミアムの月額350円が破格に高いと指摘したそうだ。
これは、私もそう思う。
ラジオは無料なのに、金を取るのかと言っているわけではない。
価格設定が高すぎるのではないか、だいたい有料アプリで毎月課金するのなら100円ぐらいにしろよと思うからだ。
初期投資と運営費に金がかかるからという理由を出しているが、伊集院氏は「それなら初期投資分が回収されたら、値下げするのか」と皮肉ったそうだ。


大体、radiko側は、一体このサービスによって、どれだけのユーザーをつかもうとしたのか。
もちろん、事業計画にはその数は明記されているはず。
1万人を獲得したいなら350円×10000人×12ヶ月=年間4200万の売上と計算できる。
10万人なら4億2千万だ。
100万人なら42億、これぐらいのユーザーは条件次第で簡単に達成できる。
で、一体いくら必要だったのか。
350円の根拠は?
それほどradiko側は自信がなかったのかもしれない。
100万人も簡単に行かない、と。
価格とは、当たり前だが需要と供給の線が交わったところの額になるはず。
価格を上げれば、当然ながら需要は減る。
本当に全国のラジオを聞きたいというコアなユーザーしか、高価格ではつかめない。
ミュージックバードでも同じような議論はあった。
クラシックチャンネルでまず1万人のユーザーを集める、この層は少々高くても、他にない音源を高品質で流せば聴いてくれるはず、と。
その時のことから推測すると、350円という価格で考えているユーザ―数は、10万人ぐらいだろうか。
だとすれば、その設定は少なすぎると私は思う。
最低でも100万人ぐらいのプレミアム会員を集めなければ、ラジオの活性化もへったくれもあったものではない。
そのためには、ワンコイン、100円とか50円とか、別にこれぐらいいいかと思わせるような価格設定である必要はなかっただろうか。
それとも、いきなりそんな会員数をめざしたら、ラジオ業界から猛反発が来るということだったのかもしれない。
しかし、何度も言うが、これでラジオを活性化させる、イノベーションを起こすことを目指すなら、最低でも100万人のユーザーがいなければ話にならないだろう。
早い話、妥協の産物だったのかもしれない。
利害の調整抜きに見切り発車すれば、その後の処理が色々厄介になることは理解できる。


ラジオ周辺の騒がしい話その2。
新聞が再びネットを抜く(経産省広告売上推移:2014年3月発表分)というニュース記事。

経済産業省は2014年3月11日付で、「特定サービス産業動態統計調査」に関する2014年1月分の速報データ(確定値に先立ち公開される値)を、同省公式サイト内で公表した。その内容によると2014年1月の日本の広告業全体における売上高は前年同月比でプラス6.0%となり、増加傾向にあることが分かった。今件記事で精査対象となる業務種類5項目(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット)中では「ラジオ」が唯一マイナスのマイナス0.3%を記録している。


記事は、広告の出稿が増えている、何と新聞への広告費が1月だけインターネット広告を抜いたというのが趣旨。
なかなか興味深いので、一度目を通してもらいたいが、もちろん私が言いたいのはラジオのこと。
他の媒体は皆プラスなのに、ラジオだけマイナス、何、どういうこと?という感じだ。


驚くことに、その前の月、2013年12月は-8.6%だったそうだ。
-0.3%は、まだ回復した方、ということらしい。
完全に取り残されたなあ、そんな感慨を持つ。
2月、3月は、多分消費税施行の前のかけこみ需要関連で、もうちょっとよくなっているかもしれないが、4月からはどうなるかわからない。
私の指摘したいのは、「ラジオは消費税に耐えられるか?」ということ。
何を言いたいか?
一言でいうと、消費税アップがラジオへの広告費をさらに減らすだろうということ。
その中味は?
今回少しradikoのことを長く書きすぎたので、詳しくは次回にとりあげることにしたい。
何か情報をお持ちの方、またお知らせいただければ幸甚。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/291-ac1c7e27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる