Entries

昨今の放送業界

またも知らぬ間に1ヶ月以上がすぎてしまった。
この間、何をしていたか、慣れぬコミュニティFMでの活動が私にストレスだったのかもしれない。
現象面的には、別に大したことをしていないのだが、理解することが多すぎるというか、考え過ぎるというか、バックグラウンドでの作業に忙殺されていたような気がする。
このあたり、最適なプライオリティを自分につけていかないと、何も形にできないまま時間が過ぎて行きそうな気がする。
そろそろ、考えを改める時が来たのかもしれない。
もうすぐ4月なのだから。


この間、何があったろう。
そうそう、トラックバックしていただいた方のブログにもあったが、NOTTVの契約者が1月に若干減った。
諦め始めている、という印象だ。
もはや、利益を生み出すのは無理ではないかという議論が始まっているはず。
この1年は、何とかごまかしごまかし継続するだろうが、そこにかける費用が減少していくことは容易に推察される。
そんなの商売にならないよと危惧していた人たちをおろそかにした結果だ。
というか、V-highのビジネスすべてが、もはやイノベーションとは無縁なものになっているのは何故なのか。
そんなのネットで十分代替できるではないかと思われるものばかり。
ネットでは効率が悪いから、電波でという考え方ではイノベーションは起きないと私は思う。
ワイアードかアンワイアードかの違いだけではないか。
アンワイアードのメリットって何なのか、少しは考えればいいと思うのだ。(ただし、私に明確な答えがあるわけではない。考えもしないでサービスを始めることが信じられないのだ。)


ならば、V-Lowはどうか。
同じだろう、それが既にネットで展開されているサービスなら、アンワイアードのメリットをもっと前に出すしかない。
ワイアードは、ゼロ・サービス志向(つまり無料)が定着、ユーザーは基本フリー、自分がほしいと思ったものだけに金を出すというスタンスになっている。
だが、今言われているV-Lowのビジネスには、そういうゼロ・サービス志向への放送局側からの提案がない。
民放が無料で放送サービスを続けていられるのは、スポンサーが広告媒体としてその意義を見出していて、そのシステムを維持するための費用を支払っていてくれるからだ。
今後もそのゼロサービスを続けたいなら、己の媒体価値を維持するしか方法がないはず。
だが、V-Lowには、そんな戦略がない。
いやそれ以前に、radikoにその戦略がない。
radikoは可能性を秘めていても、その制限された環境ゆえイノベーションを起こすことができない。
目の前のものに対応できない放送業界に、V-Lowを新しいイノベーションの場にする能力があるだろうか。


民放は相変わらずB2B志向である。
何しろ、業界として自立できていない、相変わらず大手広告代理店にビジネスの根幹を押さえられている。
代理店からすれば、もうそろそろ自分でアイデアを出し、ビジネスとして確立させることで自分たちに新しい利益を提供してくれというところではないか。
チラッチラッと後ろ(広告代理店)を振り返りながら、V-Lowを語る放送人。


いいですか、行きますよ、絶対ついてきて下さいね、あ、押さないで、ちょ、ちょっと待ってください。でも、大丈夫ですよね、行きますよ、いいですか、行きますよ・・・・。


本当にみんなついてくるだろうか。
少なくともAM業界は降りてしまった。
しかも、電波の権利は持っていたいがために、アナログFMという選択まで始めている。
こんなのイノベーションでも何でもない。
補完要因をいくら増やしても、そこから何も生まれない。
radikoがその典型だ。
アナログFMの選択をする前に、それを片づけていけ。
イノベーションなんか、演繹的に生み出そうと思っても無理だろう、違うか?


話を自分に戻す。
放送業界は4月改編の真っ最中。
テレビ的には、「笑っていいとも」や「はなまる」などの長寿番組が終了する。
早い話、テコ入れしないと数字がとれない、できれば制作費も減らしたいという局側の論理があるのだろう。
ま、民放テレビはある程度の視聴率をとっていたら、終了したくてもできない。
同じような番組が横並びにあっても、それをいじることすらできない。
ユーザーからすれば、選択肢を増やせよと思うのだが、赤信号なのだから皆で渡りましょうとなっているのだろう。
今のテレビ、面白くないと思っている層がじわじわと増えている。
何年か先、テレビのビジネスモデルも問い直される時が来るだろう。
今は、過渡期、オッサンオバハン層が淘汰され始めれば、わが世の春は遠のく一方だろう。


テレビはまだいい、時間が猶予されている。
ラジオはもはやどうにもならない。
4月改編、私のまわりには制作費のカットが相変わらず話題になる。
それでも、引き受けてくれる制作会社がある、フリーのディレクターがいる。
でも、イノベーションを起こす余裕が彼らにあるか。
局の社員に、それを領導する能力はあるか?
実際、私が関わっている番組も、制作費カットをつきつけられている。
もはや、誰も抗えない。
仕事がなくなれば、干上がる、まだ水がある間は生きていける、干潟のムツゴロウみたいなものか。
諫早みたいになれば、消えて行くしかない。


V-Lowがうまく行けば、われわれは生き延びられる、そう語る制作会社はない。
IT関連の会社が辛うじて新しい発注を受け、幾つかのプログラムを作成しているが、その発注額は微々たるもの。
ならば、ネットを使ったビジネスの方がまだ可能性があると思っているようだ。
アンワイアードの利点を活用し、イノベーションを起こすためにはどうしたらいいか。
その提案がほしい、ワイアードでできること以外に。
とどのつまり、もはや電波ビジネスには限界があるということなのだろうか。
ま、そういう人が増えているのが現実ではあるが。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/288-d666bac1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる