Entries

V-Lowマルチメディア放送~その目的って何だろう

ふと思った。
V-Lowマルチメディア放送って、何のためにするのだろう。
その目的って何だろう。
思いつく範囲で箇条書きしてみる。


・アナログテレビが使用していた周波数を有効利用するため
・アナログラジオをデジタル化して、よりサービスを高度化させるため
・災害放送に対応するため
・従来ラジオ業界に参入していなかった企業を取り込むため
・ラジオ業界に限界が見えたことにより、構造そのものを変革することによって新しいラジオビジネスを創造するため
・とにかく今のままではいけないと漠然と思っているラジオ局を救済するため


他にも何かあると思うので、よければコメントなりメールなりいただければうれしい。


等と書いてみたが、全体的に目的がイマイチはっきりしない感じもしないでもない。
政府としたら、国土強靭化とか、アベノミクス第3弾とか、理屈だけは色々つけるだろう。
また、それを推進しようとする例えばFM東京のご担当の方々も、多くの企業を巻き込むための材料を提示され、着々とマルチメディア放送のスタート環境を整備されつつあるようだ。
ただ、何が足りないのかと考えてみると、どうもここにはイノベーションという言葉が見えてこないということだ。
正直、もはやマルチメディア放送という言葉が陳腐なのだ。
マルチメディア放送って何?と聞く気もしない。
そんな概念はもう古い、もっと違う言葉はないのか、それが始まれば劇的に人々のニーズが変わるぐらいの。


最近の放送業界、やることなすこと一周ほど時代に遅れてはしまいか。
NOTTVが何故伸び悩んでいるか。
それはいわゆるイノベーター層からまるで評価されていないことに要因があるのではないか。
ただ今のデジタルテレビがスマートフォンに入っただけではないかと思われているのだ。
テレビなんて大きい方が全体のニーズは大きい。
そんな小さい画面が必要だと思う人など、どれだけいるのかという話だ。
テレビを見せるのがメインサービスならNOTTVに未来はない。


モバホ!が何故頓挫したのか。
わざわざ端末を買って、毎日でも利用しようと思ったユーザーがどれほどいたのか、と。
面白いコンテンツをどれだけ並べようが、そのための労力を考えても、また毎月の支払いを考えても、ペイするほどのユーザーを集めるには無理があったのではないか。
いわゆるマーケティングの失敗である。
このあたり、ミュージックバードを始めとするCS-PCM放送の失敗と同じだ。
私の反省をこめて、一応書き留めておきたい。


とにかく何らかのイノベーションを引き起こすような要素のないサービスは、いくら先端技術が駆使されていようと絵に描いた餅みたいものだ。
理屈は理屈、ウォンツやニーズはもっとプリミティブな、感性的なものだと思うぐらいでちょうどいい。
しかし、例えばNOTTVって、NTTさんはどんな成功のイメージを描いていたのだろう。
それが、例えば携帯電話という大成功したビジネスモデルに匹敵するものがあるはずと思ったのだろうか。
i-modeのような、何らかのサービスデフォルトを生みだすと思ったのだろうか。
成功したイメージって、何だったのか。
皆が、毎日NOTTVを見、毎月喜んでお金を払うと思っていたのだろうか。
それとも、そこそこユーザーが増えたら、どこかに売っぱらってしまおうと思っていたのだろうか。
本当に成功すると考えていたとしたら、今の状況は明らかに見込み違いといえるのではないか。
少し前に、大体想定の範囲内とか言っていた関係者がおられたが、本気でそう思っているとしたらちょっとやばくないですかと言いたくなる。
まさか本心を言う訳には行かないから、無理矢理、理屈付けしているのだと推察するが。


そういうことでマルチメディア放送。
成功したイメージって、どういうものなのだろう。
ラジオのリスナーが皆新しい端末を持って、毎日それから情報を得る、みたいなものだろうか。
しかし、多分、今ラジオのコア層である高年齢層は、マルチメディア放送には移行しないと私は思う。
相変わらず、アナログラジオ(AMサイマル放送を含め)を聞くか、ちょっと先進的な人はradikoを使ってデジタル放送を聞くだろう。
そりゃ、全国どこでも聞けるようになるならまだ違う要素も生まれてくるだろうが、相変わらず地域限定なのだから、radikoもマルチメディア放送もユーザーにとってはさほど変わらないと思うのだ。


前から言っているが、私はradikoを全国どこでも聞けるようにした方が、よほど新しいビジネスモデルが生まれるんじゃないかと考えている。
無料wi-fiステーションを全国に設置し、radikoを誰でもがスマフォでもPCでも、全国のラジオ放送を簡単に聞けるようにした方がイノベーションに繋がると思うのだ。
ラジオを再生させる、ラジオ業界の未来を開拓する、そのために必要なものはイノベーションであり、もはや1周遅れ気味のマルチメディア放送に全力を傾注する時ではないのではないか。


もちろん、V-Lowマルチメディア放送という形が無意味だと言っているわけではない。
もっと多くのイノベーター達が参加してくれば、別の形でサービスが生まれ、例えばプロファイリングが完備できれば、新しい広告メディアとして脚光を浴びることもあるかもしれない。
だが、今のままでは当分無理だ、イノベーター達が驚異的な発想とともに参加してくる可能性は低い。
断言するのは不遜かもしれない。
だが、放送業界が持つある意味囲い込み的な発想、既得権益を確保しておいて、リスクの受け皿にニューカマーを呼び込もうとしている構図では、結局自由なイノベーターの参加が保証されていないように受取られるだろう。


私は多くのそういった放送業界の試みを見てきた。
そこに成功への息吹を感じだことは最近ほとんどない。
かつて成功を味わったものは、自分が消えるリスクを抱えてまで、新しいジャンルでの成功を渇望したりはしない。
とにかく今の放送人には、今を必死に生き抜くことしか考えられない。
新しい発想は、もはや辺境からしかやってこない。
その辺境への架け橋を、今のラジオの人々がつなげることができるか。
ラジオの未来への道は一体どこにあるのか、まだ先は五里霧中だ。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/285-0409aac8

トラックバック

コメント

[C61] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
13位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる