Entries

V-Lowマルチメディア放送をポジティブに考えてみた~プロファイリング

私はこのブログでマルチメディア放送を始めとする、デジタルラジオ関連の話題を相当数書いてきたわけだが、別のブログ「フロムさんの大きなお世話~コミュニティFM編」でも、何度となくこの問題を取り上げさせてもらってきた。
で、今回はそのブログの中から、2007-01-30に書いた「デジラジ再び」という内容を引用し、少しV-Lowマルチメディア放送をポジティブにとらえてみることにした。
大丈夫か?V-Lowみたいな話ばかりだと思われないよう、今回は頑張れ!V-Lowみたいな話にチャレンジしてみることにする。
少し長い引用になるが、ご了承願いたい。

放送の業界誌「放送界」(マスコミ研究会発行)新年特集号に「新春鼎談・新産業としての3セグデジタルラジオ」という特集がありました。
TFMの後藤会長とニュービジネスフォーラムのキーパーソン、杉山・宝珠山両氏による3セグデジタルラジオの可能性をさぐった鼎談です。
デジラジにどんなビジネスモデルを描かれるのか、楽しみにして読んだのですが、一般論というか理想論ばかりで、あまり参考になりませんでした。
その中で、唯一後藤会長がこういうことを言っておられました。

「デジタルをきっかけに新しいプロファイリングをいかに売りにむすびつけるかを考えないと。」

イギリスのデジタルラジオが、マーケティングデータを駆使して、この放送を聞いている人はこういう生活をしている、こういう車に乗っているというプロファイリングを商売に結び付けているのに驚いたという体験も語られていました。
ラジオはますますパーソナルメディアになり、あのラジオを聞く人はこういう属性を持った人だということが明確になる、それが商売に結びつくと考えておられるのかもしれません。

ラジオがどこまでプロファイリングを前提としたパーソナルメディアになるかが勝負ということもできるでしょう。
デイリーレポートが出せないラジオが、よりテンポラリーなユーザー属性を提示できるようになれば、インターネットにシフトしつつある広告費を再び呼び戻すことができるようになるのではないか。
聞かれないラジオは淘汰され、より聞かれるラジオに変わっていく、当たり前といえば当たり前の競争社会の原理がやっとラジオ業界にも適用されてくるのではと思います。




デジタルラジオ(マルチメディア放送?)のキーはプロファイリングではないかと、当時のTFM後藤会長は提起されておられた。
今のラジオにないのは、プロファイリング。
その時間を聞いている人の実態が瞬時にわかる、そんな放送が次代のラジオのビジネスモデルの中核になるかもしれないというのだろう。
無料の商業放送に今後不可欠なのは、リスナーの実態が手に取るようにわかることだ。
誰がどう聞いているかも不明、ただ大雑把な、どの世代がどれだけの割合で聞かれているかしか提示できないラジオでは、広告メディアとしては自ずから限界があるのは事実だろう。


ご存知のように、インターネットは実数として反応がカウントされ、ユーザーのプロファイリングを重視したアクセス解析も容易であることは事実だ。
またテレビも個人視聴率も充実してきており、広告ターゲットの層が実際にどれぐらい広告を見たのかもリアルにカウントできる方向へ進んでいる。
それに比べてラジオは旧態依然たるまま。
聴取率調査のやり方、多分この50年近く根本的な部分は変わっていないのではないだろうか。
相変わらず日記式だし、実施回数は年に数えるほどだし。(首都圏は何とか6回実施するようになったが。)
いまだにドンブリ勘定で商売をし、聴取率調査に現れた数字もほとんど非公開。
これからラジオ広告を打とうかなと思っても、具体的な数字は発表されていないから、クライアントはどうしていいかわからない。
(それゆえ、広告代理店が必要なのだろうが、その前にインターネットで大体の聴取率ぐらい、調べればわかるようにすべきではないだろうかと私はよく思うのだ。)


ラジオがこれから生き延びるには、今やっていないことをやること。
その一つが、聴取率調査の具体的な数字を発表すること。
それで、例えばラジオの広告効果とか、どういう番組がどういう層に受け入れられるのかなどを、研究対象として大学や市井の研究家の間で議論がなされたり、提言がなされたりするようになることが重要だ。
広告価値とは、語り合われる価値でもあると思う。
話題になることが活性化を生む、今ラジオ業界はそういう努力をどれだけしているのだろう。


ということで、V-Lowマルチメディア放送で重要視することは、プロファイリングではないかと思うのだ。
今、色んなことが試験放送として実施されているが、あまりプロファイリングを前面に出して語られるコンテンツは少ないように思われる。
こんな放送をすれば、こんな属性をもった人がユーザーとなる。
だから、こういう風に広告を展開すればいい、という提言だ。
O2O(オンラインtoオフライン)という概念を強調しても、それはすでにインターネットの世界でクーポン配布と言う形で一般化されている。
今さら、マルチメディア放送の方がインターネットよりも一斉に大量に送られるから効率的だと言われても、ユーザーとしては半信半疑ではあるまいか。
よしんば、それが事実であったとしても、インターネットで十分だとユーザーに思われてしまっては終わりである。


とにかく、私は今までラジオ業界が本当はやりたくなかったことをやるしか、今の時代には通用しないのではないかと思うのだ。
隠してきた実態を見せること、本当の広告効果を見せること、それなくしてラジオにクライアントの意識が本当に向くのだろうか。
何故に今のラジオがラジオショッピングに依存しているのか、レスポンス広告に依存しているのか、それらがプロファイリングというキーワードを通して明らかになってくると考える。
それから、いつまでも目をそむけていては、これ以上の発展はない。


などと、述べてみたのだが、どこまで通用するのだろうか、この議論は。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/284-0be6d5a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる