Entries

ヒット曲とは何か~あるラジオマンの一考察(6)

いつのまにか10月、それでも暑い日が続く今年の秋。
外を歩いていても、太陽の耐えがたき熱がシャツの中にジリジリと侵入する。
あまりにも暴力的な季節ではあるまいか。


10月、ラジオ業界は改編の時期を迎え、私も何年ぶりかに新番組や新しい局との対応に右往左往している。
感謝すべきなのだろうが、身体がうまく反応しない年齢を意識せざるをえない。
ブログもうまくまとまらない、困ったことだ。


ヒット曲とは何か、正直、問題意識が高まらない、何を証明したかったのか。
で、また箇条書きモードに戻る。
単なる、メモだと思って頂ければ幸いだ。


村上春樹「やがて哀しき外国語」(講談社文庫)の一節にこういうのがある。

これはまったくのところ文化的焼畑農業である。みんなで寄ってたかってひとつの畑を焼き尽くすと次の畑に行く。あとにはしばらくは草も生えない。本来なら豊かで自然な創造的才能を持っているはずの創作者が、時間をかけてゆっくりと自分の創作システムの足元を掘り下げて行かなくてはならないはずの人間が、焼かれずに生き残るということだけを念頭に置いて、あるいはただ単に傍目によく映ることだけを考えて活動し生きて行かなくてはならない。これを文化的消耗と言わずしていったい何と言えばいいのか。


知的流行の現象を、独特の視点からそう書かれているのだろう。


音楽の世界も、また文化的焼畑農業レベルに衰退しているのではないかと私も思う。
とにかく、今の時代、何かが流行れば(当たれば)、それが焼き尽くされるまで暴力的に消費されるような気がしてならない。
ヒット曲という、本来業界がじっくりと育む、その成果の上に、また次のヒット曲を生んでいくというスパイラルが必要な世界に、ただ燃えればいい、あるいは煽ればいい、その時に暴力的な消費が生まれればそれでいいのだと言わんばかりの風潮がはびこっている、果たしてそれでいいのか、レコード業界人は。
ヒット曲=CDが売れた枚数、とにかく枚数がマーケットでどういう形でもいいから消費されれば、それがヒット曲なのだと主張する、でも、繰り返す、一体その曲の中味を知っている人がどれだけいるというのか。
燃やしてしまえば、後には何も残らない、次の芽がいつ生まれてくるかもわからない。
どうせ燃やすなら、建設的に燃やせ、初春の山焼きのように不純なるものを淘汰する作業として。
文化的焼畑農業を繰り返していていいのか。
今の業界が勧めるものを、今の消費者は簡単には買わない。
CDなんか、その傾向はますます強まっている。
そりゃ、そうだろう、聞いたこともない曲、聞いたとしても何も感じなかった曲を、大ヒット曲と呼び、これを買いなさい、ただで聞いてはいけない、そんなことをすれば貴重な文化財産が毀損されるなんて理屈を滔々と主張する業界なのだから。


村上氏は、文化的焼畑農業に対して、コレクトかインコレクトかの判断を対置されている。
そんな曲をヒット曲と呼ぶのはコレクトなのか、インコレクトなのか。
常に、ヒット曲に対してその判断をするべきなのだろう。
消費者はだまってその判断を行う。
その結果、ヒット曲とよばれるCDは売れない。
消費者は、何も言わない、ただ去って行くだけ。
それを止めるには、まず供給者側が、そのヒット曲をコレクトと判断するかしないかから始めるべきではないだろうか。
今の音楽状況はコレクトなのか、そのメッセージが供給者側から発せられない限り、CD冬の時代はしばらく続くような気がするのだ。


箇条書きと言いながら、長々と意見を書いてしまった。
元へ戻そう。
CDは、年を経るごとに売上は落ちている。
そのためのカウンターアクト、例えばアイドル系に見られるように一人のファンに100枚近く買わせる方法論ばかりが開発される。
ファンはCDを100枚欲しいわけではない。
そうすることが、自分が支持するアイドルのためになると思うから、必要でもない数のCDと自分の資産(現金)を交換するのだ。
確かにそうした行為によって、CDを媒介とした祭(アイドルを御神体とする)に全人格的に参加することができるのかもしれない。
だが、そこに商業主義が過当に目立つようになれば、その祭も色あせることになるだろう、いつか。


ヒット曲の原点とは何だったのか。
売れたCDの枚数では、なかったのではないか。
みんなが知り、ああ、いい曲だね、ぐらいの反応はし、何となく後世に歌い継がれていく、そんな曲が毎年何曲残るか、その積み重ねが文化的な資産として、豊かな未来を形作るのではなかったか。
文化的焼畑農業でよいのか、本当に。


何かまとまらない話になってしまった。(箇条書きでもなかったし)
さて、そういうことでヒット曲に対する違和感の話、これでひとまず終りとしたい。
次回から、また放送に関する話を書く。
V-Lowの世界でも、何か大きな動きが始まっているようだし、気になることもある。
ご意見など、またメールやコメントの形で、いただけると幸甚、よろしくどうぞ。







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/274-8ead5d94

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
13位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる