Entries

ヒット曲とは何か~あるラジオマンの一考察(5)

D.W.ニコルズ「SUNRISE」のサンプル盤をいただいた。
誰?それ?と言われる前に少し説明。
前に書いた、首都圏ラジオ7局による大量のオンエアでヒット曲を生み出すという企画、その第一弾がこれ。
厳密に言うと、このアルバムの3曲目「ありがとう」というのが対象曲である。
ざっと聴いてみた。
D.W.ニコルズは多分、環境保全を語るC.W.ニコルズ氏をリスペクトしたネーミングだろう。
基本、やさしいアコースティックサウンドである。
素朴なヴォーカルをメインに、今の時代を歌っているというか。
アルバムの完成度はマアマアだ。
彼らの今後の活躍に期待したいと、とりあえずは言っておこう。


ただ、何故彼らの「ありがとう」を合同のヘビーローテーション曲としたのだろう。
爆発的にヒットするような曲ではない。
また、一度聞いたら何回も聞きたいと思わせる曲でもない。
事情のわからないリスナーからは、何かよくかかる曲だけど、何これ?と思われるのではないだろうか。
昔風にいうなら、スマッシュヒットぐらいはあるかもね、かな。
しかし、ちょっと気になるのが発売が10/9ということ。
まだ半月ある。
なのに、「9月1日-30日に7局であわせて200回以上オンエア」というのは、どうなのかな。
それだけかけておけば、10月以降首都圏でわざわざかけなくても、全国でヒットするはずだということなのだろうか。
私が、当事者なら、いえ、9月にそんなにかけてもらわなくとも、10月になってからで結構です、特に発売日周辺で分厚くお願いします、と言いたくなるはず。


そういえば、首都圏の現場のプロモーターは、10月以降も引き続きヘビーローテーションでお願いしたいと各局の現場を回っているらしい。
でもねえ、9月にヘビロテやったら、10月はできないだろう、その曲しか世の中にないわけではなし。
第1回目となると、その企画そのものは話題にもなるし、それなりに現場も対応してくれるだろうが、しかし、これで本当にヒットは生まれるのだろうか。
生まれなければ、2回目以降はあまり話題にもならず、そのうち消えてしまうかもしれない。
私は既に語っているように、この企画にはあまり賛同できない。
でも、アーチスト側からすれば、これだけ皆さんに乗ってもらっているのだから、頑張らないといけない、何とかヒットさせなくてはいけないと心に誓っているはず。
でもねえ、何かこういう企画、罪作りじゃないかなあ、本当に彼らの未来を考えているなら、こんな表面だけの盛り上げ方でいいのかなと思ってしまう。
もっと地に足のついた育て方をしないと、傷つくのはアーチストじゃないだろうかと思うのだが、やはり余計なお世話だろうか。


ヒット曲はどうして生まれるか、その話に戻りたい。
まだ私が20代の新米ディレクターの頃、ソニー系のプロモーターの方から言われたことがある。
「うちは、シミュレーションによってヒット曲を生み出している。何をどうすれば、どれだけヒットするか、どれだけの金をどの部分に投資すれば、どれぐらいの売上に結びつくか。私たちはその末端でそのシミュレーションを実践する要員というわけです。」
そんな言い方をするのは、当時のレコード業界ではソニー系だけだったような気がする。
ほとんどのレコード会社はどんぶり勘定というか、いつもと同じようにいつもと同じやり方で動いていれば、そのうち何かの拍子に大当たりする曲が出てくる、と言う風に。


今は、日本のレコード会社、外資系にほとんど牛耳られているので、かつてのソニー系のような発想でCDが作られていることは想像に難くない。
そういう意味では、みんなで頑張っていれば、自然とヒット曲が生まれてくるという牧歌的な発想ではレコード会社にはおられまい。
ああすれば、こうなる、こうなれば、そうなる、シミュレーションどおりにやればいいのだ、多分そのシステムに順応しない限り、何にも楽しくないのではないかと思ってしまうほどだ。
ソニー系の話で思い出したことがある。
1978年にCBSソニーから別れて、EPICソニーが誕生した。
全く別会社扱いで、プロモーターも別々、同じソニーグループでも情報は共有されない体制だった。
で、その時の一押しはBOSTON(ボストン)。
76年に「幻想飛行」78年に「ドント・ルック・バック」をアメリカでリリース、前者は今までで1800万枚、後者は800万枚を売ったと言われている。
で、誕生したEPICソニーはボストンの売り出しに何億も何十億もかけた。(実際の額はもちろん部外者だから知らない。)
アメリカで売れたのだから、日本でも売れるはず、そのやり方はこうこう、シミュレーションは完璧、なんて話をその頃していた記憶がある。
洋楽だから、メインターゲットはFM局だったのだろうが、そのあたりの詳しい事はわからず、もちろん私はFM局のディレクターでアメリカのチャートには敏感だったから、彼らのヒット曲「More Than A Feeling」(76年全米6位)は何度か番組で流したりしていた。
でも、その時思ったのは、ボストンをここまで盛り上げても、日本では絶対に大ヒットしない、アメリカ並みにミリオンヒットを狙うなんて正気の沙汰じゃないと思ったものだ。
一体、ソニーの言うシミュレーションとは何だ?ちょっとだけ疑問を持ったりしたのも事実だった。


つまり、ヒット曲を作るというのは、ことほどさように杓子定規には行かない。
その後、多分大赤字だったはずのEPICソニーを売上的に救うようになったのは、80年にデビューしたシャネルズ(後のラッツ&スター)の「ランナウェイ」のミリオンヒットだったと思う。
残念ながら、そのヒットも意図したものではなかったような気がしないでもない、彼らのドゥーワップサウンドは斬新だったが、それでも皆が一番話題にしたのは靴墨を顔に塗りたくったゲテモノグループという扱いだったように思う。


さて、話があちこちに飛んでしまった。
気分を変える意味で、この続きはまた次回に。









スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/273-c50f0a36

トラックバック

コメント

[C57] どうでもいいですけど

このサイトは愚痴が多いですね。
そればっかじゃ内容云々に関係なく
このサイトに再訪したいとは思わんでしょう。
  • 2013-10-03 23:49
  • kat2
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
13位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる