Entries

ヒット曲とは何か~あるラジオマンの一考察(3)

●私の中のヒット曲
ヒット曲とはCD売上チャートの上位に入った曲という定義に、私自身は違和感を感じている。
今の売上チャートは初動だけで決まっているのではないかと思うからだ。
つまり、発売した瞬間にヒットチャートに入り、その後は惰性・・・という印象が強いからだ。
ヒットチャートに入れば、とにかくヒット曲に分類される。
ならば、レコード会社や音楽業界からすれば、何が何でもヒットチャートに入れることが要求される。


ヒットチャートに入ることは、ヒットするためのスタート、ヒットした後の結果ではない、それが私の意見。
業界は多分そう思っているはず、まずヒットチャートに入れるための努力をする、その次にそれを利用して本当にヒットさせるという構造だ。
ならば、レコード会社としては、CDを発売した日に何が何でもヒットチャートの上位に(できれば初登場一位に)ランクさせなければならない。
ヒットもしていないのに、どうしたらヒットチャートの一位になれるか。
事前のプロモーション、ラジオでのオンエア(皿回し)、テレビのゲスト出演、新聞、雑誌社回り、レコード店でのインストアイベント、とにかく曲とアーチストの知名度を上げること、既に人気アーチストになっている場合は、ファンクラブを通じた情報展開というのもあるだろう。
ま、このあたりは常識的なプロモーションということになる。


で、問題は、噂の真相が書いたヒットチャート操作云々という件。
チャートは操作されているか、そうですねえ、操作という言葉をどう定義するかですかね。
とにかくレコード会社は、ヒットチャートに入れないと始まらないわけだから、多少の企業努力はするというのは当たり前だろう。
大体、CDの出荷枚数で大ヒットと宣言したりする業界なのだから(実売じゃなくて)、他にも色々やっているというのが実情だ。
このあたりは、既に色々な形で、その操作例とやらがネットに書かれたりしているので、私としてはあまり触れたくない。
大体、昨今のヒット曲の目安とやらの100万枚突破CDなど、1万人のファンが1人100枚CDを買った結果だという声もあるぐらい。
一体100枚も買って、何にするのと思うのだが、握手権だのチェキ権だの選挙権だの、色々イベントに参加していると結果的にそうなってしまうらしいのだが、こうなるとヒット曲という概念とは無縁のような気がするなあ。


ああ、そうそう、先日あるレコード会社のプロモーターと話していたら、最近はCDを複数枚買わせるのは資源の無駄遣いだから、代わりにカードを売ることにしようとしているらしい。
カードを買えば、それがCDを売ったことになり、CD売上枚数にカウントされるという話だった。
つまり、カードを買うとは曲のダウンロード権を買うのと同じという説明だ。
その人の話を誤って解釈しているとしたら指摘してほしいが、確かにCDを生産するよりカードを作った方が資源の無駄遣いはなくなるし、余計な経費も要らなくなる。
で、その売上がヒット曲のバロメーターということなら、それでいいのかもしれないが。


でもねえ、何度も言うけど、ヒット曲って「話題になって多くの人にもてはやされ、広く知れ渡っている曲」のはずなのだから、皆が知らないとヒット曲って呼んじゃいけないと思うのだ。
ヒットチャート1位の曲を知っているのが、大衆の中で圧倒的に少数だとしたら、そんなヒット曲と言う名前の商品って、善良な庶民を欺く誇大広告の1つと言われても仕方ないのじゃなかろうか。
ヒットもしていないのにヒット曲はおかしいだろう・・・と。


いや、だから言っているでしょう。
音楽業界は長年こうやって商売してきたのです、今さら瑣末なことにこだわって、今まで培ってきた商品の価値を落し込めることはやめていただきたい、と。


今まで、こうやって商売してきた、確かに音楽業界ってそうだったんだろうな。
で、その商売のやり方が行き詰まり始めている、だから少々無理なこともやってきたわけだが、昨今それもできなくなりはじめ、今やその販売のやり方は混乱し、バラバラな対応になってきているようだ。
今やヒット曲とはこういうものですという定義すら曖昧にならざるを得なくなっているのかもしれない。
さて、ではかつてのヒット曲とはどういうものであったのか、私が初めてヒット曲に接した時、深夜放送を聞きながらヒット曲に触れ合っていた時、実際に放送マンになって、そのヒット曲をともに作り上げた時、次回からそのあたりを少し書いてみることにする。
私の中のヒット曲、それを一つ一つ思い出しながら。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/271-4e43a051

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる