Entries

ラジオ局が生み出すヒット曲とは

首都圏のラジオ7局が共同でヒット曲を生み出そうという企画、私は「上から目線」的なこういう発想には批判的だと書きました。
それに対してある方から、「その気持ちにもう一度立ち返って、ヒットを産み出したい、というのが例のプロジェクトの出発点」ではないかとご指摘いただきました。
「その気持ち」に関しては、その時の私のツイートを参考のため、並べておきます。


@首都圏のラジオ7局が、一緒に1曲を選んでヒットさせる企画の話。読んでもらえればわかるが、何だかなあと思っている。レコード会社や音楽事務所、アーチストには期待できるかもしれないが、リスナーにとってはどうでもいい話だ。リスナーがわくわくしない話に意気消沈の私。

@ヒット曲への違和感、業界の片隅にいた私でも、ずっとありました。こんなヒット曲の作り方でいいのか、放送局もそんな片棒ばかりかついでいていいのか。こんなことをしている間に、本当にいい曲、後世に残したい曲が消えてしまっているのではないか。今の制作者にはそんな気持ちはないのだろうか。

@ヒット曲って、どうやって生まれると思いますか。業界がもてはやすヒット曲のほとんどが、何故かほとんどの人が聞いてもいない段階でヒット曲と規定されていると思いませんか。リリースした途端一位という曲、それがヒット曲だといわれると、私は違和感もちますね。一体、どこでヒットしているのだと。

@ヒット曲って、まだ誰も知らない曲を例えば放送局がかけて、お、いい曲だな、何て曲?もう一度聞きたい、そういうリスナーの気持ちが合わさってヒット曲になるのではなかったか。もちろん、供給する側も、こういう曲ならヒットするのではという気持ちは当然あるのは事実だが。

@音楽業界が、いつからか自分たちの都合のいいようにヒット曲という概念を操ってきた、出版も放送も皆グルで、そんな業界をフォローしてきた。これがヒット曲です、皆さん買いなさい。ただで曲聞く奴は泥棒です。私たちのルールに従い、音楽を消費しなさい、あ、別に同じものを何十枚買うのもOKです。


大体、7局が合同で2カ月分の新譜から1曲を決め、ヘビーローテーションするとおっしゃいますが、どうやってその1曲をお決めになるつもりですか。
そんなコンセンサス、簡単に得られますか。
私も、ヘビーローテーション曲の推薦員として、毎月ノミネートに加わらせてもらいましたが、1局の中でもそれを選定するのは色々ややこしい手続きがあり大変です。
政治的な圧力もないとはいえないでしょうし、誰かさんのごり押しもあったりします。
で、決まった曲が、いつもいい曲ばかりではありません。
プロが集まって、決めた曲がこれかと慨嘆したくなることも多々あるのではないでしょうか。
それが、今度は、首都圏ラジオ局というお山の大将ばかりを集めて1曲を決めるのです。
正直言って、そんなの誰が調節するんだと思いますね。
現場の純粋な選曲者が集まって決めるというのなら、まだ頑張れ~と言いたくなりますが、多分そんなお花畑にはならないでしょう。
やれるものならやってみろ、そのうち、業界の力関係に流された形ばかりのヒット曲が生まれることになるだろう。

(以下、ですます調をやめて)
大体、音楽業界に今必要なことは、ヒット曲とは何なのかという定義から組直すことだ。
瞬間的に1位になるために、手練手管を駆使して、ヒットしたと言う結果を作る。
リリース30曲、連続1位、これは新記録!!!
年間売上チャートベスト10を独占!!!前代未聞の大ヒット!!!
シニカルに言えば、とんだお笑い草である。
確かに、他の曲よりは、人の心を動かし、アーチストを支持する人を獲得したかもしれないが、それが本当にヒット曲と呼べるのか、自慢じゃないが、私は嵐の曲なんて1曲もタイトルを言えないし、耳に残っている曲もない。
覚える必要があるとも思えない。
自分とは違う世界で、ヒット曲扱いされているだけだと思うからだ。
(ま、もし私が関わっている番組にゲストで来られたら、一応にわか勉強して、知ったかぶりすることだろうが。)


作り手側からすると、ヒット曲を作ることは本当に大変な作業だ。
いい曲、いいアーチスト、いいスタッフ、とにかくそういったプロジェクトを構成することさえ、生半可なことではない。
そして、そこから生まれた曲を、宣伝担当の方、営業担当の方が智恵をしぼり、足でマスコミやレコード店をまわりながら、少しでも消費者の耳や目に届くために必死になる。
多くの人がかかわり、多くの音楽ファンがその価値を認めてくれる。
その構造は何も変わっていない。
だが、そんな純粋系の営みの中から、生まれてくるヒット曲は減る一方だ。
音楽業界を支えている金、売上は、今や、これでいいのかと首をかしげるような現場から生まれてくるのがほとんどではないのか。


本当にいい曲はなかなか売れない。
今のヒットチャート、ベスト10の曲、あなたは何曲歌えます?
私は1曲も歌えません、お恥ずかしいながら。
ヒット曲云々の話、ついでに言いたいことが他にもあるので、次回に続きます。
ご意見など、またよろしくお願いします。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/265-c41c0aec

トラックバック

コメント

[C51] 違和感が・・・

お久しぶりです。
以前はツイッターで、ご返答ありがとうございました。
いい曲って誰が決めるのって思います。
ラジオ局やテレビ局が決めるのもおかしいとまでは思いませんが、上記のやり方には違和感ハンパないです。
私はまだ実家の秋田にいた際には、地元FM局のパワープレイ曲を聞いて気になることがありました。今の埼玉にいる際も地元FM局パワープレイ曲を聞いて、「誰だろ?」とか「フルで聞きたい」って思うことがあります。
なので、いい曲を決めるのはリスナーであって
放送局があれこれ決めることではないと思います。
下手で、長い文章ですみません。
またよろしくお願いします。
  • 2013-08-06 09:10
  • MR(マレン・ローズ) 永遠のWR(ウィリアムズ・ルノー) FW(エフダブリュウ)16
  • URL
  • 編集

[C52] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる