Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/260-e8465f63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ラジオにまつわるエトセトラ

村上春樹「1Q84」の一節。

「昼間のラジオ番組は主婦と高齢者を主なリスナーと設定して作られている。出演している人々は気の抜けた冗談を口にし、意味のないバカ笑いをし、月並みに愚かしい意見を述べ、耳を覆いたくなるような音楽をかけた。そして誰も欲しがらないような商品を声高に宣伝した。」(第三巻 P309)


村上春樹氏はよくラジオを話題にする。
小説の中で、ラジオ(特にFM局)を聞きながら、珈琲の2杯目を主人公が飲んでいたりする。
ラジオは、小説の世界の小道具として効果的なのかもしれない。
テレビはすべてを語りすぎる。
ラジオなら、脇役としてキラリ光る。


ラジオが文学の中でどれだけ登場してくるか。
一昔前、ラジオは青春の一ページとして効果的によく使われていた。
深夜放送、DJの言葉、リスナーのリクエストカード。
それらが、多くのメッセージを伝えてきていた。
その世界は、確実に時代を語っていた。
だから、それが商売にすんなりと移行していったのだろう。
今は、メッセージを伝えるツールとして、ラジオは居場所を失いはじめている。


村上氏の言葉に戻る。
1984年の話として、ラジオのことを語っているが、実はこの話は今でこそふさわしい。
84年、私はFM局の営業マンだった。
月並みに愚かしい意見というの、理解できるが、誰も欲しがらない商品を声高にというのは、少し違うかなと思う。
当時は、ラジオショッピングは、それほどメジャーではなかった。
ショッピングはテレビや新聞が活用されていた。
ただし、今ほどではないが。
ラジオショッピングって、いつからこんなに一般的になっていったのか。
少なくとも私が営業をしていた時は、ラジオショッピングに力を割いた記憶はない。
ある電機メーカーをクライアントにして、「テレビデオ」なる商品を売る番組を放送したことはある。
番組自体は、中島みゆきのニューアルバム「寒水魚」を特集しながら、合間合間に「テレビデオ」を紹介、特別の電話番号を設定してリスナーからの注文を受けるという内容だった。
だが、この企画は大失敗だった。
電話はかかってきたが、何故か中島みゆきのアルバムに関する問い合わせばかり。
今かかった曲は何か、このアルバムはいつ出るのか、肝心の買いたいというリスナーからの電話はとれずじまい。
ラジオは、ものを買うメディアとは当時思われていなかったのだろう。
今とはまるで違う。


そうだ、少し前久しぶりに古巣のFM局の社員と会った。
彼は言った、4月の聴取率調査でFMCOCOLOに負けたと。
ああ、そりゃそうだろうなと私は言った。
6/13のスポーツニッポンの記事にこうあった。

4月度の関西圏ラジオ聴取率調査では、FM全局シェア(週平均、12~69歳の男女対象、ビデオリサーチ調べ)でFM OSAKAを抜いて初の2位に浮上。


FMCOCOLOがFM大阪を抜くのは当然だと思う。
何しろ、COCOLOはほとんどを大阪で制作している。
TFMの番組をただ漫然と受けている局とは差がつくのが普通である。
何回も書くが、関西人は東京の番組より大阪の番組を望んでいるのは自明、それが他の地方との違いだ。
なのに、FM大阪は言われるままにTFMの番組を流す。
聴取率で負けるのは当たり前だ、それが何故わからない。


ただ、残念な話はある。
COCOLOがFM大阪を聴取率で抜こうとも、売上とは連動しない。
聴取率と業績はリンクしない、それが今のラジオの実態だ。
FM大阪が何故TFMの番組を受けるのをやめ、COCOLOのように自主制作しないのか。
そうすれば、確実に聴取率は上がる、FM802ともいい勝負ができるのに。
当然だろう。
そんなことしても業績は上がらない、かえって制作費が増すだけだ。
COCOLO、業績上がっているか?
802、赤字が解消したか?


でもなあ、ラジオって聞かれて何ぼじゃないの。
リスナーのため息は聞こえないの、本当はFM大阪を応援したい、でも今の851はちょっとねえ、それが現実だろ?
いや、こんなことをここに書いても意味がない。
ラジオはもはや未来を見失っている。
後は、流れに身をまかせ、なるようになれと叫ぶのみだろう。


ケセラセラ、なるようになる~先のことなど、わからない~♪





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/260-e8465f63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
13位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。