Entries

制作費カットの行方(2)

ラジオには未来がない、そう思う一番の理由はラジオの世界で制作費カットが常態化しているからです。
つまり、ラジオの現場に金が回っていないのです。
金は、人間の身体にとって血液みたいなものです。
血液が、十分に回ってこないとどうなるか、いわゆる貧血状態というわけです。


ラジオ局からすると、背に腹は代えられずバンバン制作費をカットする、どれだけ少ない費用で番組を作れるか、それを制作現場に課してくるわけです。
早い話、貧血を起こしている現場に、それでもいいから働けと言っているようなものです。
ラジオの現場の人は、基本的にラジオが好きですから、少々条件が悪くても我慢して働きます。
ディレクターになるのが、自分の夢でもあった人もいるので、そう簡単に貧血に音を上げたりしません。
しかし、そこから生産されるもの、番組自体はどうなのでしょうか。
貧血のディレクターと、健康なディレクターが作る番組、多分プロ的な見方ができる人には、明らかな差があるのではないでしょうか。


私は、東京支社で最高23の番組を同時にプロデューサーとして担当していました。
多くのディレクターと接触し、日々彼らの仕事を見てきました。
貧血を起こしているディレクターには、2つのパターンがありました。
1つは、制作会社に搾取されているというか、こきつかわれているディレクター。
朝から晩まで、スタジオにいたり、事務所で作業したり、椅子の上で眠っていたり。
家に帰る余裕がないというか、早い話課されている仕事をこなすスキルがついてこなかったというのもあるでしょう。
しかし、そうなら、制作会社は仕事の量を調整すべきで、貧血を起こすまで働かさせるべきではなかったのでしょうが、こう言う会社、おしなべて低賃金でした。
低賃金でも我慢できる社員って、やはり少ないというか、優秀なディレクターはどんどんやめる、、で、残ったもので何とかしようとすると、こういうややスキルの落ちるディレクターに無理が行くということになったような気がします。


さて、もう1つのパターンは、自分で制作会社を経営しているディレクター。
元々、どこかの制作会社に勤めていて、そこから独立して何とか番組制作を受注していると、こういう貧血状態になるようです。
とにかく安い制作費で多くの番組を受注する。
その制作費は、ほとんど彼の生活費になり、番組に使える費用はどんどん減って行きます。
こういう連中の番組の作り方は、とにかく荒い。
全体への気配りもなければ、こだわりもない。
ただ、同じようなものが同じように生産されるだけ、それも雑に。
私はこういう番組の作り方は大嫌いでした。
でも、彼らにはそれしか生きる道はなかったでしょうね。
何しろ、毎日生きていくための金に困っていたのですから。


さて、それは私の時代の話、つまり20年以上も前のことです。
今のラジオ局に流れている制作費、私の感覚では1/3ぐらいでしょうか。
例えば、1時間の番組があったとしたら、制作費は月60万程度はありました。
今では、どうなのでしょう、出演料込で20万あるかないか。
ディレクターの手元に残るのは、月5万程度じゃないでしょうか。
この額では、とても構成者は雇えません。
ADだって、状況によっては無しだったりするかも。
勢い、中味は同じことの繰り返し、冒険的なことは一切できません。


これで、ラジオ局からは多くの要望が寄せられます。
聴取率を上げろ、企画を出せ、この前の放送内容はどうたらこうたら。
正直、やってられないでしょうね、まともな神経なら。
もし、私が現場にいたら、こんな条件で何故そこまでしないといけない、やってほしければ払うもの払ってから言えと叫ぶことでしょう。
人を貧血状態にさせておいて、もっと働けなんてよく言うよという感覚でしょうか。
でも、局側はわかってないでしょうね、そんなセンスのある連中、ラジオ局に減りましたから。


ラジオ局は今貧血状態、そんな状況で今の退潮傾向を止めることができるはずもない。
それが、私の意見です。
皆さんの意見はどうでしょうか。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/241-86c04f3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる