Entries

私はいかにしてプロデューサーになったのか(第10回)

■まず技術部のM氏に連絡


大晦日オールナイトライブ、企画書を実行に移すことになり、まず連絡したのは本社技術部管理職のM氏。
本当は上司である制作部長に連絡しないといけないのですが、前にも書いたように東京支社移った時から、業務は本社管理ですが、人事管理はすべて東京支社長下にあります。
それゆえ、遠慮するのか匙を投げているというのか、本社の上司からは日常的に接点ゼロ。
本社制作時代は、番組を作るに当たって常に制作予算書というのを提出させられていたのですが、支社に移ってから提出しろという命令は全くありませんでした。
支社だからといって、番組制作費用は本社制作部管轄のはずなのに、何故か要請されない、今から考えても何か変だったなあと思います。
何しろ、私が担当していたレギュラー番組は最大時23あったのです。
FM大阪制作番組(ネットを除く)の1/3は私のプロデュース番組だったのですから、一体当時の制作部長はどんな管理をされていたのでしょうか。
ま、言いかえれば、それだけ私の自由度が高くなるわけですから、私が文句を言うことではありませんが。


■バイク便使ったら


さて、技術のM氏との話に戻りましょう。
M氏は当時は技術担当でしたが、元は営業のCM担当。
能吏というイメージのある人で、もちろん技術担当の人によくある偏狭さはあまり感じられない人でした。
その結果、後に編成局長になり、FM大阪のNO.2の立場になるのですが、その話はまた時間のある時にでも。
私は、とりあえず彼に今回のプランを説明し、どうやって神戸ワールド記念ホールと繋ぐかを相談しました。
「スタジオと現場を常時つなぐ必要はないんだろう?」
「ええ、適当に面白そうなものを時間差をつけて流すという形になります。」
「じゃあ、中継回線は必要ないな。向こうで収録したものを、人力でデリバリーした方が安上がりだし。今はバイク便があるから、業者に頼んでワールド記念ホールから1時間ごとに便を出してもらおう。それで番組が支障なければね。」
1989年(平成元年)のことです。
まだバイク便がそんなに有名ではない頃でしたので、へえ~大丈夫ですかと私は聞いてしまいました。
「大丈夫やろ。大晦日から元日にかけて、道なんかすいてるやろし、彼らはプロやから事故なんか起こさんやろし。」


■収録はPCMで


それなりに自信がありそうなことを言われるので、お任せしますと私。
「それから、収録するにあたっては普通のテープで収録するのも何やからPCM収録せえへんか。話題にはなるで。」
「PCM収録?そんなことできるのですか?」
思いがけなくPCMという言葉を聞き、私は少々面食らっていました。
M氏は、「いや、会社、金が余っているからしょうもないもの買いよってん。使わんともったいないから、ええ機会やからどうかなと思って。」
PCMねえ、それ自体は新しい変調方式として知ってはいたが、実際に使うのは初めて。
「何か、実験台に使ってません?」
「いや、これはイノベーションのための試行錯誤や、使えることは名誉や、そう思うとき~。」
はあ、そんなものですかねえとため息交じりに承諾した私。
とにかく、現場に関しては技術担当に任せるしかないので、ここはとにかくM氏におとなしく従うことにしました。


(続く)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/23-49cbf319

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる