Entries

続・不毛なるジャーナリズム

前回は読売新聞のことを書きましたが、今度は週刊朝日が物議をかもしています。
「ハシシタ 奴の本性」とかいう記事。
佐野眞一氏のノンフィクション、橋下市長の血脈を暴くのだそうです。
何か、ださいタイトルだなあと思っていたら、当の本人からきつい反論。
「血脈主義、身分制に通じる極めて恐ろしい考え方だ」と非難し、ついでに朝日新聞、朝日放送の質問には答えないと。
朝日新聞はまだわかるけど、何故朝日放送まで?、結局撤回したみたいなのでよかったですが。
ツイッターにも書きましたが、この論理で言ったら、週刊SPA!(元週刊サンケイ)の記事の責任は、産経新聞、フジテレビ、ニッポン放送、文化放送、ついでに大阪のラジオ大阪にまで及びかねません。
そんなSPA!のことを私たちに言われても、そんな編集方針まで知らねえよ、となるのが普通でしょう。


ま、これも橋下氏一流のマスコミ操作のテクニックなんでしょうね。
週刊朝日の記事は私が読んだ限りでは、そんなにトンデモないルポとは思えないのですが、朝日というブランドを大事にするなら問題ありかもしれません。
被差別部落の地名をわざわざ書くのは何か理由があるのか、それがルポに不可欠なら許容することもできるのでしょうが、第一回目だけでは何とも言えません。
先ほど得た情報では、連載は中止の方向だそうで、何か世間を騒がせただけで終わりそうです。
でも、少し前の週刊文春にしても、今回の週刊朝日にしても、もう少しデリケートに扱ってほしいですね、こういうことは。


最近の週刊朝日、何かスキャンダル雑誌みたいな内容が増えていて、もう少し何とかならないのと思っていました。
編集長が今の売れ線はこういう雑誌という考え方だったのかもしれませんが、つまらないところで転倒してしまいましたね。
だいたい、前の編集長の山口一臣氏を何故人事異動したんでしょうか、毎回楽しみに読む記事が多かったのに。
やはり、ノブレス・オブリージュというんですか、ジャーナリストとしての品格はほしいですね、今の週刊朝日には気品が感じられませんから。


さて、この問題もしばらく後を引きそうですが、他にも世の中は混沌とした話題に満ちています。
ips細胞のことはご存知の通りですし、今一番気になるのがPCの遠隔操作事件。
インターネットを使って、こうしてブログを書いたりツイッターを使ったりしている私には、他者によるネット操作というのは、きわめて気持ちの悪いことです。
私の名前で勝手にブログを書かれたり、人の悪口を言われたりするのは甚だ困ります。
誰かが悪意で私を潰そうとすれば、ネットを使っていくらでもできそう。
冤罪で警察に逮捕されることもあるかもしれないし、ある日一方的に得意先から出入り禁止を言われるかもしれません。


だいたい、今の田中法務大臣(そろそろ辞任しているかもしれませんが)、暴力団スキャンダルの話、30年前ですよ。
私でも30年前の話、持ち出されたら困惑してしまいます。
何がその時あったか、誰と会ったかなんか、覚えているわけありません。
外国人から献金があったことにしても、年に数万円ぐらいだったら誰でももらうでしょう。
これが何百万円、何千万円なら見返りに何をしたんだ、スパイ活動の可能性だってあるんだと言えますが、そんなはした金で何かを要求する人なんかいないでしょう。
暴力団とのつきあい、自民党の安倍さんにもあったとか、石破さんも外国人から献金受けたとか言ってますが、何か卑小な話題で政局をもて遊ぶのはやめにしたらと思うんですよ。
誰かが、人々の心をカオス状態にして、それをある意図的な秩序に押し込んで行こうとしているのではないかと邪推してしまいます。
人は不安定な精神状況には耐えられる存在ではありません。
秩序といえば、どうしてもアンシャンレジュームへの回帰が一番手っ取り早いので、私なんかますます不安になってしまいますけどね。


東アジアでの領土争いも気になりますし、アメリカの大統領選挙もどうなるのかと思います。
シリアの内戦、イラン対イスラエル(アメリカ)、不安定な北朝鮮、ロシアのプーチン大統領、あの人毎日何考えているんでしょうね。


ま、とにもかくにも、私が一番不安なのは、このインターネットの問題。
普及し始めたのは、ほんの10年前ぐらいからなので、まだまだネットの頭の中は子供と同じ。
何するかわからないし、いくらでも残虐になれる。
ネットが、例えばロボット三原則のように、人に危害を加えてはならない、人の命令に従わないといけない、自分を守らないといけないという規律を持つようになれば、私も少し安心できるのでしょうが、下手をすれば凶器にもなる道具である間は、こちらも心してかからないといけないわけです。


ネットは、子供のように怖い。
そうは思いませんか、皆さん。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/220-c0a1896c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる