Entries

育てる心~ラジオに望むこと・4

前にあるラジオ局の編成局長と話をしていて、本当にそれでいいのかなあと思ったことがあります。
彼は言いました。
ラジオの番組なんか、誰でも作ることができる。
社員がわざわざ作る必要はない、外の人間を連れてくれば喜んで働いてくれる。
社員に制作の現場をさせるのは非効率だと言いたいようでした。
そういえば、制作の現場だけでなく、技術の現場、とりわけマスター勤務はたいていアウトソーシング。
深夜や早朝に勤務しているのは、ほとんど外部のスタッフ、早い話社員以外の人材を使っているようです。
何故か、つまり社員には不規則な勤務をさせない、土日や祝日にも出勤させない、そうすれば残業手当や特殊な勤務手当を払う必要がなくなり、人件費の抑制につながると考えているのです。
とにかく、経費節減をするしか生き残る方策を見出せないラジオ局には、そういう選択以外なかったのだと思います。


次の世代を育成するにはお金がいることは、このシリーズの2回目にに書きました。
残業代であろうと、特殊勤務手当であろうと、人を育成するのにそういう場が必要なら、それを理由に社員をそういう勤務から遠ざけるのはどうなのでしょう。
編成局長は、経費の効率化を図ろうとしたのは間違いありません。
社員なら、もっと管理の仕事をすればいい、もはや職人を育てる必要はラジオ局にはないと考えたのでしょう。
管理の仕事をしていれば、人件費は抑制される、制作の現場や技術の現場のような、不規則な勤務体系の仕事をうちに抱え込んでいれば、経費は増える一方だ、と。


ラジオマンとして社員を育てることは放棄した、今のラジオ局はほとんどそうなのかもしれません。
管理を優先する社員からは、もはや職人気質は生まれないし、クリエイティブな仕事を地道にやり続けようという意志も薄くなるのは目に見えています。
制作の仕事、それは本当に地道な仕事です、外からどれだけ派手に見えても、また外の人からチヤホヤされているように見えても、いい仕事をする制作マンは日々コツコツと理想を求めて努力しています。
そんな連中は少数だ、そんな能力のある奴などいない、そんな非能率な仕事をしたかったら、会社をやめてフリーになればいい。
先ほどの編成局長なら、そういいかねないかもしれませんが、それならラジオ局の人間は制作などせず、おとなしく電波の管理だけやっていればいいのです。
営業だって、必要かどうかわかりません。
広告代理店におまかせでいいでしょう、そしたら人件費はいらないし、売上から一定のパーセントを払っていれば喜んで時間を売ってきてくれるでしょう。


営業だけは別だというなら、制作だって別なはず。
自分たちの放送を差別化しようとする意志は、会社の内部からしか生まれてきません。
外の人は、自分を差別化することはあっても、放送局の差別化にそれほど力を貸してくれるとは思えないからです。
私は今だから強く思います。
主要な番組は自分たちで作れ、社員を職人として教育し、他の局とは違う、リスナーに喜ばれるような番組を企画するべきです。


正直いって、今のラジオ局の社員、プロデューサーという肩書を持っていても、ほとんど無責任です。
とても、出演者、ディレクター、スタッフたちの能力を引き出す努力などしているように見えません。
上から言われたことを伝えているだけ、現場の要望には「君たちの気持ちはわかるんだけどね~」などとその場しのぎのことを言って、一緒にイノベーションを起こすそぶりを見せようともしません。
本当に、こんな人と一緒に仕事していて楽しいのでしょうか。
プロデューサーなら、この人といたら楽しい、夢がある、何か皆で作り上げることができそうな気がすると出演者やスタッフに思わせないといけません。
その気持ちがリスナーにも伝わり、番組は活性化するのです。
金がないから何もできないで済ませているようなプロデューサーは、端からプロ失格です。
ま、今のラジオ局の社員にプロなどいないと言われれば、多分だれも反論できないでしょうが。


アマチュア跋扈のラジオ局、プロなどいらぬと経営者。
そりゃ、若い子、聞かなくなって当然ですね。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/218-ab9f351c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる