Entries

シリーズ 東京一極集中の功罪~番外編

今回は、東京一極集中に関して、若い頃に思った違和感などを書いてみたいと思います。
別に、マスコミが東京に集まり、そこから情報発信しようとそれ自体をどうこう言うつもりはありません。
それが合理的だとほとんどの人が判断するなら、私もあえてそれに抗おうという気になれません。
別に、私にとって損得がそこに存在するわけではないのですから。
やはり東京生活24年になると、考え方も少し中央よりになるというか、東京からの発信で全国に伝わるならそれが一番いいのではと思わないのでもないのですから。


さて、では私の違和感とは何か。
それは、私の学生時代にさかのぼります。
御多分にもれず、私もまた学生運動にまきこまれ、何度か東京の集会に動員されたりしておりました。
何かの抗議集会だったでしょうか、ある東京の学生(出身は知りません)が、次のような言葉でアジテーションを始めました。
「本日の集会に結集した、全都、全国の学生諸君!」
はあ、何それ?
何が全都、全国の学生諸君だと思ったわけです。
わかりますか、この言い方変じゃないですか。
全都って何よ。
全東京と言う意味なのか、じゃ、東京の学生だけが相手?東京の集会に来るのは千葉も神奈川も埼玉の学生もいるでしょう、それ無視?
しかも、これ元々全国集会でしょ、何故全都なんて枕詞をつけないといけないの?
何か、反体制のくせに、権威主義に陥っていない?東京が何物にも優先する、全国なんてその付属物だと。


ひねくれているかもしれないですが、この言い方にすごくひっかかりました。
全都、全国の学生諸君!というアジに対して、「異議なし!」と叫ぶ学生連中に私は一人、「異議あり!ナンセンス、ナンセンス!」と叫んでおりました。
多分、田舎から東京に出てきた連中は、東京のやり方をまねるのに一つの美意識を持つんだろうなと思いました。
正直、そんな連中らと団結する気、なくすよなという気分です。
イデオロギー以前の問題でしたね、私には。


東京のやり方に合わせることこそ、至高の美意識なのでしょう。
言葉もそうですし、ファッションも、考え方も。
東京イズナンバーワン、東京に同化した自分も、ナンバーワンの存在だとでも思うのかもしれません。
もちろん、ずっと東京に育った人間はそんなこと思わないでしょう。
至高も何もそれしか知らないし、また東京をそこまで美化もしないはずです。


大阪人は東京に来てもなかなか同化しないといわれていますが、根本的に東京こそナンバーワンだと思っていないところがあります。
だから、東京を無条件にまねたりしません。
もちろん、それが価値あると判断できるものは評価します。
何が何でも大阪が一番なんて思いません。
ただ、それおかしくない?ということには、当然ながら強く反応します。
何で東京ではこんなルールがはびこるのか、悪いけどその事に関しては、大阪の方が合理的だと思うことも少なくありません。


放送業界での違和感、それは今日もTBSラジオ「dig!」で繰り返されていました。
それは次のようなフレーズ。
「この番組はTBSをキーステーションにお送りします。」
もちろん、これはTBSだけではありません。
TOKYOFMもしょっちゅう、「TOKYOFMをキーステーションに全国38局をネットしてお送りします」と言いますし、ニッポン放送も「ショウアップナイター、ニッポン放送をキーステーションに全国の皆さんにお送りしています」などと繰り返します。
何なのでしょう、このセリフ。
何を誇らしげに言っているのでしょう、キーステーションと。
それ、言わないといけないのですか、ステーションコールみたいに。
誰かからクレームでも来るのですか、どこがキーステーションかを明示しないと。


私も、FM大阪時代、何本かの全国ネット番組を担当しました。
でも、一度たりとも、「この番組はFM大阪をキーステーションに~」などというメッセージは入れませんでした。
何故か?どう考えてもそれを言わないといけない必然性を感じなかったのです。
また会社からも、その表現をしろとは一度たりとも言われませんでした。
どこの放送局が作ろうと、私たちは皆さんに対して放送をしている、一人一人に対してメッセージを送っている、だから、私たちは、皆さんが聞いている放送局の人間でもあるのだという気分でした。
なのに、東京の局は、キーステーションにこだわるのです。
私たちは皆さんが今聞いている局の人間ではありません。
何と東京というナンバーワンな場所から皆さんに語りかけているのです。
わかってますか、私たちは東京人です、そう思って、ありがたく私たちのメッセージを受け取ってくださいね。


正直言って、私にはわからない。
何故、キーステーションがどうのこうの、なんて態々言うのだろう。
違和感、本当に色々あります。
でも、あまりそればかり言いすぎると、本質が見えてこなくなるから、とりあえず番外編として書いてみました。
まだまだ言いたいことはあります。
しかし、そればかり書いていると、また「ル・サンチマン」かと思われて終わりでしょうから、今日はこれぐらいにしておきます。
また次回。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/202-e80d041e

トラックバック

コメント

[C33] キーステーション

初めてコメントをさせてもらいます。
ラジオ番組作りに関する東京と大阪の考え方の違いを述べたシリーズだと思って興味深く読んでいたのですが、今回は番外編ということで、単に「キーステーション」という単語が嫌いという主張でよろしいでしょうか。
私が若い頃FM仙台(現Date fm)で放送されていた「空飛ぶアルマジロ」という番組がFM大阪でも放送されていることを知り「この番組は仙台と大阪のどちらで作られているのですか」というはがきを送り、番組で読まれたことがあります。DJの三ツ矢雄二さんのお答えは「空から」だったと記憶しています。今思えば仙台でも大阪でも空でもなく代々木アニメーション学院から放送していたのかもしれませんが、なかなか奮った回答だなと思ったものでした。
現在はFM大阪制作でもたとえば日曜朝に放送されている山寺宏一さん司会のトーク番組「Keep on Smiling」は「FM大阪をキーステーションにJFN38局をフルネット」って言ってませんでしたか、単に「FM大阪発」でしたか。
番組制作会社が制作の番組でなければ制作局があるはずです。ラジオはテレビと違ってスタッフロールが流れませんから制作局が『うちの局の制作です』と呼んでもかまわないと私は思います。
プロ野球中継もニッポン放送のスタジオでは「ニッポン放送をキーステーションに」とコールしているのかもしれませんが、ニッポン放送に限らずMBSラジオだろうがCBCラジオだろうが、全国放送に当たった実況アナウンサーは「○○放送の制作で全国の皆様に」とアナウンスしているはずです。意味は「○○放送をキーステーションに」と同じなのでしょうが。
キーステーションという単語を使わなければまだ許せますか、制作する放送局名は一切述べるべきではないとお考えですか。

[C34] うれしいコメントです

コメントありがとうございます。
そうですね、○○放送の制作で全国の皆さまにお送りしていますというのは、私も聞いたことがありますね。
これは、例えば北海道の放送局も、福岡の放送局も言ったりしているのでしょうか。
わざわざ言う理由って何なのでしょうね。
リスナーが知りたがっているからなんですかね。
私は、そんなこと言う必要ある?という考え方です。
でも、例に「空飛ぶアルマジロ」を出していただいたとても光栄。
実は、私の作った番組なので、正直有頂天気分です。
三ツ矢雄二さんと富永ミーナさん、それにゲストを交えてという30分番組。
名古屋と仙台にネットしていました。
確かにエフエム大阪をキーステーションになんて言いませんでしたが、リクエストの宛先は、エフエム大阪でした。思いだしたのですが、葉書は各局に送られるよりは一括して大阪に送ってもらった方が合理的な感じがしましたね。どうしてもタイムラグが生じますから。
今は、基本的にメールがメインですから、どうでもいいかもしれませんが。
しかし、空飛ぶアルマジロ、の話は嬉しかったなあ。スポンサーは代々木アニメーション学院。収録は築地にあったアオイ制作スタジオでした。エフエム大阪東京支社に一番近いスタジオっだったですね。何回か、代々木アニメーション学院の本校でも収録しました。
楽しかった思い出が一杯です。

  • 2012-08-17 01:24
  • from3
  • URL
  • 編集

[C35] キーのステーションじゃない

お返事をいただきましてありがとうございます。
FM大阪にいらした方だということで「空飛ぶアルマジロ」を例に挙げましたが、まさかその「空飛ぶアルマジロ」を作られていた張本人だったとは・・・畏れ多いことをしてしまいました。もう細かいことは忘れていますが、面白い番組でした。だいたい聴いていたと思います。
さて、返事が遅れたのは前回のコメントに書きました「FM大阪をキーステーションにJFN38局をフルネット」というナレーションを確認するためでした。たしかに言っていました。すでに次のエントリが上がっていますが、引き続きこちらで述べさせていただきます。
「FM大阪をキーステーションに」とパーソナリティに語らせておきながら実は自分たちはキーのステーションではないと。これは驚きです。準キー局とは見た目と中身は違うのですね。
制作局がどこかということは私はマニアですので知りたいと思います。だから若気の至りではがきを書いたりもしたわけです。縮小経済の世の中ではすべての番組がFM東京発だとアレだから一部の番組はFM大阪発という名義にしておこう的なことがあるのかもしれませんが他人様のブログでこれ以上の妄想は慎みます。「dig」やその前番組「アクセス」のようにCMの度に声高らかにキーステーション名を言わなくてもいいですけど、しゃしゃり出ない程度に制作は○○放送ですと一言付け加えてもいいかなと私は思います。
でも普通のリスナーにはキーステーションもとい制作局がどこだろうと面白ければそれでよいのでしょうし、制作側にとっても自分の番組制作に誇りを持つことと自分の放送局名を誇らしく連呼することとは別ものですね。
今回はありがとうございました。

[C36] コメント本当にありがとうございます。

コメントいただいて、考え方を修正しております。リスナーにとっては、この放送はどこが制作しているのかは重要な情報だと思います。私も実際そうです。
で、一つ不満が出てきました。
JFNが制作して、フィラー的に使われている番組がたくさんあると思いますが、こちらは、あまりどこが制作して、何局ネットでお送りしますとは言わないこと。
実際、ネット局は好き勝手に放送したり、しなかったりしますから、ネット局は言えないのでしょう。
じゃあ、キーステーションという言葉は?
もちろん使えません、TFMで流れていませんから。
制作者も明示しませんね、この番組はJFNの制作でお送りしていますという表現は聞いたことがありません。(もし、聞かれたら教えてくださいね。)
そのあたり、TFM(JFN)も区別しているようです。
ブランドをつけていい放送と悪い放送を。
ご指摘の山寺さんの放送、私はFM大阪の関係者から聞いたことがなかったので、内実は今のところわかりません。
大阪本社制作なら、そういうマニュアル(キーステーション云々)は存在しないはずですから、多分、東京の制作会社が作っているのではないかと推測しています。東京のマニュアルに沿っているのではと。
推測していても何ですから、今度FM大阪の編成担当者に聞いておきます。
「空飛ぶアルマジロ」、youtubeに上がっていましたね。2年ぐらいしか続かなかったと記憶していますが、中味は濃かったですね。
山寺さんにも何度か御出演いただいた。
でも、大阪の放送は深夜1時だったんですね。もうちょっと早いと思っていた。(東京にいたからオンエア聞いたことがありません。支社制作で東京に流れていないと聞きたくても聞けなかった。)仙台は何時だったのでしょう。
ということで、件の番組、情報が入り次第、本編でアップします。
コメント、本当に感謝です。
  • 2012-08-20 12:56
  • from3
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
12位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる