Entries

シリーズ 東京一極集中の功罪~マスコミ編(3)

大阪にいた時、すごく疑問だったのが、日本テレビ系列で流れていた「ズームイン朝」。
東京で人気だというのが信じられなかったのです。
東京にキャスターがいて、そこから地方に次々ズームインしていくシステム。
関西人からしたら、鬱陶しくて仕方がない。
地方の話なんか別に聞きたくないし、また東京の話も要らない。
大阪で、朝を迎えた私に必要なのは時間の告知と、できれば大阪の地域情報。
朝の余裕がない時に地方の情報なんか聞きたくないと思っていました。


そう思う関西人多かったんでしょうね。
このズームイン朝、大阪の視聴率は悪かったそうです。
そりゃ、誰でも思うことは一緒でしょう。
だけど、何故日本テレビのこのやり方をやめなかったか、それは東京で人気だったからです。
それは平成元年に東京に来てわかりました。
あれって、地方から来た東京人にうけるんです。
自分が住んでいた地域の情報が朝から流れるのが嬉しいようです。
「忘れがたきふるさと~♪」それがテレビに映っているのです、そりゃ、見るでしょうねえ。


いや、私ですら、あまり大阪に帰らなくなると「ズームイン朝」で見る大阪は懐かしいです。
もちろん、地方からの情報を流すといっても、基本は東京目線ですから、東京人にもそこそこ人気は出ます。
東京キー局の作り方としては、まあまあ及第点だったのでしょう。


とはいえ、大阪人にはこんな鬱陶しい番組はありません。
日本テレビの番組、こういう類の番組多かったですね。
例えば巨人戦の全国ネット。
一番多いのが日本テレビ(大阪は読売テレビ)ですから、関西人からは嫌われます。
巨人の試合なんか見たくないよ。
でも、残念ながら、インターネットが普及しない時代は、それしか野球の情報を流してくれません。
仕方なしに巨人戦を見ていた人、多かったです。
地方出身の友人を除いてはですが。(四国の友人とか北陸の友人とか九州の友人とか、巨人ファンが多かったなあ、あの頃は。)
多局化の時代になり、ネットの時代になり、やっと大阪から巨人の試合が消えてくれました。
わかればいいんだよ、当局の地上局も、どれだけ今まで迷惑をかけてきたか、ちょっと反省しろよ。


東京目線の全国ネット番組、本当嫌われます。
東京の文化こそ日本の文化だ、東京で流行しているものこそ、全国で流行しているものだ、みたいな考え方、何故するんでしょうね。
やはり、先日私が書いた「憧れて東京にやってきた地方人には、東京文化についていくので精一杯。だから東京の文化だけで全てを済ませようとする。マスコミ人なんて、半分以上が地方出身者。東京イコール全国の考え方になるのは仕方がない。」なのでしょう。
分っている人はわかっていると思います。
東京目線で日本の文化を語ることの弊害を。
でも、キャッチアップ的に今まで生きてきた業界人には、東京=全国という方法論しか思いつかなかったのです。
多局化とインターネットの洗礼を受けて慌てふためいても、新しい方法論なんか考え付かない。
東京のマスコミ、そのあたり多分だいぶ自信を失い始めているのではないでしょうか。
画面上は今まで同じことをやっていますが、内心、いつまでこのやり方が続くのか、戦々恐々としているのではないでしょうか。


東京一極集中、多分、もうそろそろ限界が来ているというか、耐用期間が過ぎ始めているのかも。
自民党が制度疲労を起こしているということは、政権交代する前によく言われました。
でも、そんな疲労などないはずの民主党が、たった3年で破綻しかかっています。
政党が制度疲労を起こしていたのではなく、官僚機構が制度疲労を起こしていたのではなかったか。
その元は、ひょっとしたら、東京一極集中という行政形態ではなかったのだろうかと。
変えないといけないのは、そういった東京一極集中の構造だ、そう思い始めている人が増えているのではないでしょうか。


橋下大阪市長が支持されているのは、結局その構造の弊害を人々が自覚しはじめたからだと思うのですが、いかがでしょうか。
ということで、ちょっと制度としての東京一極集中に疑問を投げかけて、また次回へ。
皆さんからのコメント、メール等、お待ちしていますね、待ってます。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/191-2ac4b29f

トラックバック

コメント

[C23] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C24] 東京集中はこれからも加速化

明治以来、中央集権で来てこうなったわけですよね。日本人は「寄らば大樹の陰」「付和雷同」な民族ですからお上志向が強い。そして、戦後はより集中がひどくなり、それでも全総など政府も分散化を促してはきましたが、工場やコールセンターが関の山。
マスコミでいえば、東京に縛り付けてるキー局制度を何とかしないと駄目ですね。ま、人口が圧倒的に広大な関東平野に集積してますから、分散は中々難しいでしょう。オーバーにいえば、東京だけ志村けんであとは大阪含めて高木ブーみたいな体たらくですからw確かに大阪は橋下維新で多少は盛り上がってるけど、「一発ギャグ」で終わりそうな予感もします。
何しろ、この国は「外圧」がないと革命的変化は起きません。総論賛成各論反対で惰性でダラダラ今までやってきたわけですから。それこそ、富士山が爆発でもしない限り、無理な難題ですよ。
  • 2012-07-19 10:47
  • 太郎
  • URL
  • 編集

[C25] 今後あらゆる事態になっても東京に集中

たとえ富士山が爆発しても東京一極集中は変わらないかと
原発事故を起こしても変わらなかったぐらいだから

鹿児島よりも害が少ない、大阪は火山灰以外の害が多い、などのでまかせの言い訳して東京にしがみ付くと思う
  • 2012-07-21 10:43
  • 鬼女速名無しさん
  • URL
  • 編集

[C26]

ただ近畿、大阪でも巨人ファンは多かったはずかと、どうしても巨人に入りたかった人を思い浮かべると大阪出身者も3人ぐらいいたような。昔だと巨人戦で20%はあったような、阪神戦は16~20%ぐらい、巨人阪神戦となると30%近くなんてのも。

星野ぐらいの時に変わりましたね、関西でも巨人の視聴率が低下が当たり前になってました。逆に阪神は優勝もあって、視聴率が20%が当たり前状態だったかと。関東でも同じらいのときに巨人戦の視聴率が低迷、一桁が当たり前になってきたとか。

ただ今現在はつい最近近畿でも阪神巨人戦が一桁になったと報道されてました。時代の転換期なんでしょうか。


橋下市長に感じるのは変革を望む感じが強いからだと思います。閉塞感打破への期待は、一極集中の弊害が遠因、裏としてはあるでしょうね。ただそれを市民が自覚してるかどうかはわかりませんが。

一時期なんか東京が儲かれば、大阪も儲かるという神話は実は結構、関西では言われていたとか。それが通じないとなると食われちゃった感だけが大きくて、より一層の閉塞感に繋がっちゃうんじゃないかと。

橋下市長に批判的な識者は結構多いと思いますが、それなら近畿、大阪、地方から首都東京に本社移転した企業を強引に創業地に戻したらいいんじゃないでしょうか?地方から若者を吸い上げる装置になってしまっている大学なんかも地方に強制的に移転させたり、国立大学ならいけるんじゃ…。地方が幸せになれば、彼らは改革する意義を失い、求心力もなくなるかも。大阪以外の他地方もハッピーになるし、悪くはないと思うのですが。そこまでの覚悟がある識者の方ってあんまりいないですね。
  • 2012-07-21 23:33
  • TK
  • URL
  • 編集

[C37]

メディアの東京一極集中をなくすには公的機関の記者会見を完全にオープンにするしかないとおもいます。個人的に報道は編成とならぶ総合局の心臓部だとかんがえているので、中央の政治と行政(特に宮内庁と警察庁)を取材できれば地方局のプレゼンスがたかまるはずです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
7位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる