Entries

音楽業界のジレンマ

改正著作権法による「違法ダウンロード刑事罰化」というニュースがネットを賑わせている。
TBSラジオの「dig!」、NHKの「NEWS WEB24」でも、津田大介さんをゲストに呼んで、その問題点を議論していた。
何と、国会ではほとんど議論もないまま5日間で成立してしまった。
津田さんも、こんなことをすれば音楽をネットで聞こうとするファンが減少するだけだと慨嘆されていた。
ネットで音楽を聞かなくなるということは、音楽そのものを聞かなくなるのとイコールだ。
それでもいいのか?音楽業界、今日はそんな話をしてみたい。


私が唖然となるのは、業界が違法ダウンロードによって損害を受けた、その額は7000億近いというプロパガンダ。
違法ダウンロード回数に正規の値段をかけると7000億弱になるそうである。
逸失利益だというのだが、何だよそれというのが正直な感想。
CCCD騒動の時もそうだった。
若い子は、CDを買わずにCDRに次々と焼いてそれをみんなに配っているのだと。
その証拠にCDRの売れ行きが半端ではない、これを何とかすべきだ。
だから、コピーが制限されるCCCDの導入。
その結果、何が生まれたのか。
CDを買う人が大幅に減った。
そんなCDもどきを買わされるぐらいなら、そんな音楽は聞かないというユーザーが増えたのだ。
ある意味、ユーザーを覚醒させた、CDを売っている連中は自分たちのことしか考えていない。
ユーザーがどれだけ不便を感じていても、それを甘受して当然だと言うのだ。
自分たちのやり方で音楽を聞け、そうしない奴は泥棒予備軍みたいな言い様。
そりゃ、音楽業界への信頼感は持てなくなるだろう。
そんな連中のために金を払うのは馬鹿らしい、多くのユーザーがそう思い、その結果CDの売上はどんどん落ちて行った。
違いますか?


CCCDで懲りたはずの音楽業界なのに、言っていることは相変わらず。
今売上が減っているのは、ネットの所為だと決めつけている。
違法ダウンロード、まあ、それを言われれば誰だって反論はできない。
違法なのだから、それを正しいという言論人はいない。
ただ、みんなどこかで思っているはずだ。
ネットで音楽を聞くのがそんなに悪いの?
ネットでしか音楽を聞かない人が増えているのに、一体どうやって新曲の情報を得よというの?
皆が皆、TVを見ているわけじゃないし、ラジオを聞いているわけじゃない。
音楽雑誌なんか、見たこともないという音楽ファンも増えているのだ。
頭の中が、昭和なのである、業界人は。
ネットですべてを完結させている音楽ファンに対して、業界はどう付合おうとしているのか、それが感じられない、ネットだけで音楽を聞くな、CDを買え、その情報はテレビを見ろ、ラジオを聞け、か。
自分たちがハンドリングできているメディアは許せても、ブラックボックスなネットは許せないのだろう。


でもね、考えてもごらんよ。
CDの売上が音楽業界のすべてなの?
私の子供の頃、多くの人気歌手が生まれ、その歌はみんなが覚えて歌ったりしたけど、レコード自体の売上は数万程度だったじゃないか。
ラジオで聞いた曲を覚えた人が、みんなに教え、のど自慢大会などで発表し、歌声喫茶などで一緒に覚え、バスガイドさんが歌い、またそれをみんなで覚え、ヒット曲は多くの人の記憶に刷り込まれていった。
だから、少し前のヒット曲はたいてい歌える、歌えなくても全体的な雰囲気は覚えているというのが普通だろう。
今のヒット曲とやら、いったいそういうスパイラルがどれだけ生まれているといえるのか。
だから、ほとんどの人は、オリコンチャートの曲を歌えない。
タイトルすら知らない、でも、この人が今人気なんですとテレビで言われ、そんなものなのかなと無理やり納得しているのにすぎない。


かつてヒット曲が生まれる時に、レコード会社はどれだけ儲かったのか?
レコードだけじゃ、大したことはなかったはずだ。
今ほど著作権がどうとも言わなかったし、それが金に換わるとも思っていなかったのかもしれない。
何しろ、ラジオで曲を流しても使用料はとられなかった。
使用した曲のレコード会社(レーベル名)さえ最後に言えば、一円も徴集されない。
多分、これも宣伝の一つだと思ったのだろう。
だが、アメリカから音楽出版権がどうのこうのというビジネスモデルが入ってきて、音楽界の事情は変わって行った。
今は、音楽の枝葉末節まで権利権利でがんじがらめ。
CDバブルの頃に、その枝葉末節がすべて金に換わったため、それが既得権化し、今に至っている。
CDが売れなくなれば、枝葉末節にぶらさがる連中が困るのである。
都合の悪いものはすべて排除する。
何がネットだ、この泥棒猫!という悪罵中傷とともに。


カセットにラジオからエアチェックした音楽の数々、あれは何だったのか。
あれが許されて、ネットで音楽を交換しあうことが何故そんなにダメなのだろう。
音楽を聞く習慣が変わってきている以上、それに合わせたビジネスモデルと言うのがあるはずだ。
それが、違法ダウンロード刑罰化の延長上に見えているのか。
ラジオ業界と一緒だ、手垢のついたビジネスモデルに固執するなかれ。
客は確かに文句は言わなくなるだろうが、急速に音楽市場から消えていくだろう。
それを恐れないのか、音楽業界は。


長くなった。
私もアイドルビジネスに少し参画している状況なので、身勝手な業界の論理がどうしても気になるのだ。
角を矯めて牛を殺す、そんなことにならないように自戒してほしいと強く望む次第。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/180-d095159d

トラックバック

[T20] まとめtyaiました【音楽業界のジレンマ】

改正著作権法による「違法ダウンロード刑事罰化」というニュースがネットを賑わせている。TBSラジオの「dig!」、NHKの「NEWS WEB24」でも、津田大介さんをゲストに呼んで、その問題点を

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる