Entries

ラジオの周辺

radiko関連で書いたツイート。
自分でも納得したので、再掲する。

小さな火種から、ビジネスとして燃え上がることもある。ラジオの世界に今必要なのは、衰退をただ見守るのではなく、そこからまた別の不死鳥が生まれることを願うことだ。ラジオが好きだという人の気持ちを大切に考えれば、今のような制作費カットの結果をさらすような番組を続けていいわけがない。


「制作費カットの結果」が今のラジオなのである。
私から見れば、もはやサブカルをフォローする余裕も失っている気がする。
制作者側に思い入れがないと、サブカルを盆にのせることはできない。
カルチャーを追いかけるだけでは、ラジオは確実にテレビに負ける。
カルチャーを内包するムーブメントを自ら醸成する気構えがないと、サブカルの宣教師とはとても言えないだろう。


で、ふと考えた。
今のFMのリスナーって、何を求めて聞いているのだろう。
私の時代、FMは新しい音楽をリスニングルームに招いてくれる正真正銘のサブカル・ツールだった。
洋楽の世界では独断場。
すべての情報はFMを通じて流れてきたと言っても過言ではないだろう。
じゃ、今のFMは何で目立っているのか。
何にもないんじゃない?
音楽のゲストは確かにAMよりは出てくる。
TFMの全国ネット番組(JFNの白ネットに出てくるアーチストもそうだが)、アーチストのDJ番組が目白押し。
だけど、リスナー、本当にそれを聞きたいと思っているのか。
アーチストの世間話を毎週聞きたいと思っているのか、桑田さんにしても松任谷さんにしても。


もはや名前が売れてしまった人の話、それを毎週聞きたいという人、あまりイノベーター層にはいないと思う。
沢田研二さんが言っていたけど、「ぼくのファン、別に新しいことを聞きたい人なんていない。ただ、ぼくが今何をしているか知りたいだけなんだ。」ということ。
時代に敏感に対応している人は、アーチストの日常なんてどうでもいい。
その人が次の時代に向かって何をしようとしているかを知りたいだけなんだ。
ただ、同じような日常が続いているだけなら、何の興味も浮かばない。
悪いけど、アーチストの大御所と言われる人はほとんどそれ。
Fmに毎週出て、何かを喋っていたとしても、その言葉が何かを生み出すこと等、本当に稀である。
ちょっとは政治的な発言でもすれば、またそれを盛り上げようと言う人がいるかもしれないが、今時だれが、民主党くそったれ!などと叫ぶだろうか。


ラジオに出てくるアーチスト、君たちは今何を語っているのか。
新人アーチストとして、DJのよいしょを受けている君たちにとって、今ラジオは何を伝えることができているのか。
残念ながら、今のラジオは次の時代を作り上げるポテンシャルを持たない。
ベルトコンベアーにのった素材をいつもの工程で処理し、その作業に対する報酬を得ること以外、何もできない。
今のラジオには志がない。
志を持つスタッフを育てはしない。
金になることを行い、それを回収するだけ、果たしてこれでジャーナリズムと言えるのか。


ということで、今日もひとしきり、ラジオ業界をぼやいてみた。
かつてのラジオの時代を担った一人として、最近の風潮には望みを失うばかりである。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/179-ad4a7419

トラックバック

[T19] まとめtyaiました【ラジオの周辺】

radiko関連で書いたツイート。自分でも納得したので、再掲する。小さな火種から、ビジネスとして燃え上がることもある。ラジオの世界に今必要なのは、衰退をただ見守るのではなく、そ...

コメント

[C16] はじめまして。

初めての投稿失礼致します。最近フロム様のこのサイトの存在を知り、内容にとても共感を持っているためよく拝見させて頂いています。
私は、関西在住の学生で7年前からFM802を聴いています。当初は802の大ファンでしたが、2008年の大改編以降番組構成が好きになれずあまり聴かなくなりました。
最近また聴きだすようになったのですが、以前の活気がほとんど無くなっている放送内容に驚きと無念の感情を覚えております。私が偉そうなことを言える立場ではないことは重々理解しておりますが、一ファンとして、特に気になる点が2点あり、この場を借りて述べさせていただきたいと思います。
ひとつは、番組数が減っているにもかかわらず、密度が薄く、また個性も感じられない番組がとても多いことです。DJの数も減り、バリエーションの豊かさもなくなっているように感じます。昔は、構成もしっかり緩急緩がとれており、一つ一つの番組を大切にしている局という印象があったのですが、今は同じような(うるさめの)番組が並んでいて正直聴いてて飽きます。フィラー番組などは正直経営面の問題が大きいの仕方ないとは思いますが、だからこそ一つ一つの番組をもっと個性豊かに作っていって欲しいです。
もうひとつは、ラジオショッピングとネット番組です。フロム様も別の記事でおっしゃっていましたが、とりあえずいくら経営が厳しいとはいえ禁断のラジオショッピングには手を出さないでほしかったですね…。ネット番組も意図がわかりません。どうせネット化するなら、もっと時間帯や万人受けするような番組内容を考えてほしい、と感じます。本当に、今のラジオ局はリスナーの気持ちを考えているのだろうかと疑問に思います。
当初から802以外の局の構成はあまり好きになれなかったので(フロムさんのおっしゃる通り、TFMの全国ネットのアーティスト番組は興味が持てません)、802だけが私にとってお気に入りのラジオ局でした。しかし今の802は、これからさらに悪くなる気がして、とても不安を抱いています。FMココロの問題もあまり期待が持てませんし。
長々と綴ってしまい恐縮ですが、フロム様の記事に強く共感を持ったため書き込ませて頂きました。これからも拝見させて頂きます。ラジオ業界の復興を心から願っております。
失礼致しました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
7位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる