Entries

シリーズ ラジオ制作者の心得(6)~リスナーは見えていますか・2

番組を作る時に大事なことは、リスナーが見えているかどうかだと私は提起しました。
別にターゲットがヤングであろうと、ファミリー層であろうと、この番組を聞いている人の動きが番組の進行とともにどう変化するか、それを皮膚感覚でわかるということ、それがリスナーが見えているということです。


比喩で言うと、釣り師の感覚に近いですかね。
例えば、海の様子を見れば、熟練の釣り師はこの下にどんな魚がいるかわかるでしょう。
流れが速いか、それとも止まっているか、深いか浅いか、水が濁っているかいないか、等々。
どう泳いでいるかもわかるかもしれませんし、今は餌を落としても食べないなというのまでわかるでしょう。
食べない魚にどう餌を食べさせるか、いわゆる誘い、餌を微妙に動かすことによって食い気をさそったりします。
買う気のない消費者に、時間をかけて買わせるテクニックですね、何か色々似たところがあるんですよ。


とにかく、プロは見えていないとダメなんですよ、こう言えばリスナーはこう思うはず、そこをこういう演出でシズル感を出せば、次にはこういう反応をしてくるだろう、とか。
まず探り、反応があれば、そこを何度も攻め、食い気が出てくれば大きく誘う。
後は入れ食い・・・。
ま、釣りに例えると品がなくなるのが欠点ですが。


今の制作の現場を見ていると、そこにプロの勘が不足しているような気がするのです。
そんな番組の進行したら、リスナーが退屈するだろうと指摘したら、まずキョトンとされます。
何を言っているんですか、という顔で「何ですか?」と聞き返されたりします。
一緒にリスナーの表情を追えていないんでしょう、ま、出来ない人にそれを求めても無理というものですが。


何か、美しくないんです、バランスが悪いというか、ぴたっとはまっていないというか。
それじゃ、美しさが伝わらないよ、その間(ま)じゃ、リスナーの呼吸を邪魔するよ~。
ラジオは話芸でもあるのですから、寄席芸人のテクニックも知っていないといけません。
昔、柳家金語楼師匠がテレビで言われた言葉を思い出します。
「お客さんに笑ってもらうためには、まず空気を吸ってもらわないといけない。気持ちよく空気を吸ってもらったと分ったら、何かの形で破裂させればいい。頭をポンと一つ叩くだけでも、それで笑ってくれる。」
早い話、いかに気持ちよくお客さんに空気を吸ってもらうかだということです。
空気を吐き出した後には、面白いことを言っても笑ってくれない、というか笑えない。
間が大事というのは、呼吸の間ということでもあるのです。


だからリスナーがどう呼吸しているか、それをわからないといけないのです、ラジオの世界も。
呼吸の仕方なんか、年代によっても違います。
男と女も微妙に違うでしょう。
今のラジオがオジサンオバサンに人気というのも、その間の取り方が、中年以上の世代の呼吸の仕方に合わせているからではないでしょうか。
若者の呼吸のリズムには、まるで合っていない。
若い世代の喋り手だと、呼吸のリズムは一緒かもしれませんが、話し方のテクニックができていない。
一方的にしゃべり、相手の反応を待たない、若い世代の特徴でもあります。
ラジオは音声だけですから、映像でめくらましすることはできません。
リスナーは今息を吸った、ここで確信的をワードを一発。
そうだ、そうだ、その調子・・・・もっと声を出せ、もっとオレについて来い!
ライブのコンサートでよくある光景。
呼吸を感じるラジオ、それもエキサイティングに、多分それだけでも若者をラジオの前に連れてくることができるかもしれません。


話し方のテクニックを、私は講釈するつもりはありません。
あくまで、リスナーが作り手側に見えているかどうかの話。
素人が見れば、ただの海なのに、熟練の釣り師が見ればそこに何が泳いでいるかも、見えてくるのです。
経験が勘を磨くのだと思います、ラジオの制作の世界でも同じ、見れないのは、その訓練ができていない、場数を踏んでいないという結果でしょう。
制作の経験のない管理職が、いきなり制作部にやってきたら、「番組のディレクターなんか誰でもできる、偉そうにするな。」という言動をするのは今の時代仕方がないのかもしれません。
単なる繰り返しにしか見えないし、チャラチャラしているだけじゃないかと思われることもあるでしょう。
しかし、制作のプロは本当はすごいのです。
あなたに見えないものが手に取るように見えるのです。
それを言葉で説明しろといっても無理、大工の棟梁に釘の打ち方を聞いても、その通りにはできないのと同じです。
時間空間の取扱い精度が違うのです。
どれだけ離れていようと、ラジオの向こうにいるリスナーの姿は見えているのです。
説明は不能でしょう、誰が信じます、見えていると言っても。


リスナー見えていますか?と私はタイトルしました。
それを実感してもらうには、言葉では無理。
よくいう、背中を見ていてもらうしかない、何故にそんなことができるのか、実際に経験してもらうしかないと思います。
職人の世界は、言葉だけでは伝授されません。
ラジオ制作者は職人でもあること、それを忘れてはいけませんし、そういう育て方をしないラジオ局はいつか崩壊します。
下手な大工ばかりの工務店が、顧客を失って倒産するのと同じことです。
その理屈をわからないラジオ局が、何と多いことか。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/173-78b1253b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる