Entries

シリーズ ラジオ制作者の心得~半歩前を歩け

今回から、しばらくラジオに従事する制作者が身につけておきたい心得みたいなものを紹介する。
どの放送局でも、OJTで教育されている内容だと思うが、1つのデータベースがわりに書き連ねておきたい。


私がFM大阪に入社した時、先人から強く言われた言葉が、「ラジオ制作者は、リスナーの半歩前を歩け」だった。
マスコミ人は、往々にして一般大衆より勝手に優れていると思い、自分は1歩前を進んでいるという思考、行動をしがちだ。
だが、大衆の支持の上にあってこそ商売が成り立つ放送業界には、その考えは危うい。
人々から見れば、そんな態度は、「鼻持ちならない」エリート意識であり、そういうラジオに対して心から共感することはできない。
上から目線は嫌われる、それが演出としてなされるなら、それも一つの表現だと人々は許容するだろうが、何の自覚もなく人を睥睨する態度を見せるなら、それを前提にしたビジネスなぞ端から成立しない。


こんな例を紹介しよう、FM業界ならありそうなことだ。
自分は音楽のことなら誰よりもよく知っている。
社内で一番、いや日本で一番詳しいかもしれない。
まわりで音楽の話をしている連中がどれだけバカバカしいレベルの話をしているか、いつも気になって仕方がない。
そういう時は、できるだけその誤りを訂正してやる。
間違った放送をしかねない連中を教育するのは私の役目だ。


いわゆる上から目線、自分は誰よりも上に立っていると信じているからこその考えだろう。
しかし、こういう態度の人は、社内でも嫌われる。
その人が権力を持っていれば、おべっかを言いにくる業界人はいるだろう。
人気番組のディレクターだったり、構成者だったりしたら、お説拝聴とばかりに利害関係者はやってくる。
だが、それはリスナーという大衆からは得られない。
上から目線は排除される、当たり前だろう、金を払っていなくても客は客なのだから。


1歩前に出れば、周りの人はすべて客観的に見ることができる。
大衆なんかバカばかりと思うかもしれないし、権力者なら、お前たちはオレの言うとおりにしていればいいのだ、と強く思い込むだろう。
しかし、商業放送はビジネスなのである。
ビジネスには、お互いのWIN-WIN関係が不可欠だろう、何故お前だけが優位に立てるのだ。
こういうラジオ人が出てきたのは、ラジオというメディアが人々の心をコントロールできる一面を持っていたからだ。
誰でもがラジオを使ってメッセージを送ることはできない。
一部の独占を許された勢力に、その権利は委ねられてきた。
それが、ある意味ビジネスを歪めてきたといえなくもない。
大衆から一歩前に出て、俺たちの言うとおりにしろ、おとなしく言われたとおりにラジオを聴け。
ま、そこまで本気では思ってはいないだろうが、今のように売上を維持するためには、リスナーが嫌おうと何しようと自分たちの都合を優先するという考えは、当然の帰結だったろう。


ラジオは、半歩前を歩け、というのは全ての放送局で行われてきたことではない。
むしろ、それが忘れられやすいから、あえてラジオ人の心得として繰り返されたのである。
一歩前を歩くな、それはリスナー(ユーザー)を排除しかねない。
同じように歩くな、よきパートナーであっても、私たちは保護者ではない。
半歩前を歩け、それはリスナーに寄り添いながら、日々共によりよく生きることを実現させる、ラジオの使命はそこにあると。
もちろん、これはラジオだけではない、今やテレビの方がその実現に努力することが求められている。


下手をすると、今の放送業界、大衆に向かってやっていることは、「嫌がるガチョウに、CMという餌を無理やり口の中に押し込み、見事なフォアグラを作って、それをクライアントに高く売る」ことかもしれない。
ラジオショッピングなんて、本当に食べたくないのに、無理やり口に入ってくる。
一体それで何が得られるのだろう・・・。


さて、このシリーズ、一体どういう展開になるのか。
本当はもう少し教訓的な話を書くつもりだったのだが、別の方向に行きかけている。
ま、これもまたよきかな。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/167-20ed81ef

トラックバック

[T12] まとめtyaiました【シリーズ ラジオ制作者の心得~半歩前を歩け】

今回から、しばらくラジオに従事する制作者が身につけておきたい心得みたいなものを紹介する。どの放送局でも、OJTで教育されている内容だと思うが、1つのデータベースがわりに書き...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる