Entries

シリーズ ラジオの売り方(9)

販促がらみでクライアントにラジオを売り込むのが一番手っ取り早い、ラジオをラジオとして訴求できる時代はもはや過ぎ去った。
もちろん、これは結論ではありません。
それぐらいの気持ちでラジオを売らないと、これからの時代、ラジオは生きていけないのではないかという危惧の表れです。
今日はその一つの例として、bayfm主催の「幕張メッセどきどきフリーマーケット」を見学してきました。


GWのイベントとして、毎年幕張メッセを押さえられるというのは、その点だけでも驚きです。
すでに10年以上も続いているらしく、毎回大勢の方が入場料500円を払って集まってきておられます。
今日の速報では、一日で76,789人が入場された由、イベントは5/3,4,5と続きますから、20万人以上を集める大イベントということになりそうです。
ラジオ1局が主催するイベントとしては、相当な規模だと感心しきりです。


イベントの冠にはピーアーク、関東一円に展開しているパチンコチェーンです。
協賛するメリットがどこにあるのか、正直会場を見た範囲ではよくわかりませんでしたが、ブランド戦略の一環かと推察されます。
商売としては、どれぐらいの売上をbayfmは計上されているのでしょう。
最低でも2億、ひょっとしたら3億ぐらいあるかな~という雰囲気でしたが、詳しいことは当事者ではないので何とも言えません。
ゲストもそこそこ豪華、5/5にはAKB48もかけつけるとのことで、きっと賑わうことでしょう。


なお、協賛企業も多彩で、利根コカコーラボトリング、イーモバイル、成田ゆめ牧場、生活協同組合ちばコープ、ぶんか社、松戸競輪など、千葉を中心としたクライアントが目白押しという感じでした。
bayfmは確実に千葉に根を下ろしている、そんな印象を強く持つイベントだったと思います。


じゃあ、このイベント、万々歳なのかというと、そう手放しで言えるかどうかは何とも言えません。
確かに、イベントはラジオ局のイメージアップにつながりますし、クライアントからの引き合いも得られやすいのは事実です。
ただ、放送局側からすれば、イベントの儲けは限定的としか言いようがない気がします。
放送局は、電波を売って経営するのが基本です。
電波料は、代理店マージンを引いても、売上の80%が粗利益。
しかも広告代理店を通すので、売掛金の取りっぱぐれがない商売なのです。
イベントはそうは行きません。
もちろん、どこかのクライアント1社が行うイベントなら問題はないのですが、協賛会社が一杯入り、しかも入場チケットも売るとなると、経費が何やかんやと出て行き、粗利益は売上の20%以下になりかねません。
しかも、その準備に何ヶ月もかかりますし、その間の社員の費用もばかにならない。
正直、イベントは電波ほど儲からない、そのための社員も用意できないというのが普通でしょう。
いきおい、現場は制作会社まかせになり、せっかくノーハウを培える機会なのに、みすみす外部においしいところを持っていかれたりする可能性もあります。
ということで、放送局、イベントで盛り上ったりすることはあっても、それを積極的に作っていくことはあまりしないのが常態になっているようです。
誰かがやるのなら、それに乗っかる、電波料だけはきっちりとる、そういうイベントなら大歓迎だけど、自分たちが一から企画するようなものは、あまりやりたがらないのではないでしょうか。


販促がらみでクライアントにラジオを売り込むのが手っ取り早いと私は前回書きましたが、例えそれが効果的であったとしても、その手間と粗利の低さが局をして躊躇させるのではという気もします。
効率の悪い商売のやり方、それが自前でイベントを企画すること、なるほどそうかもしれませんね。


大阪ではFM802の「ミート・ザ・ワールドビート」、FM大阪の「SDD,ストップ・ドランク・ドライビング」のイベントなどがありますが、それ自体が会社に利益をもたらすという時代ではなくなっているという声も多くなっています。
自前のイベントは儲からない、とはいえ、今やっていることはやめられないので、それを補うような収益の上がる事業を考えないといけない、はたしてそんな事業があるのかどうか。


ということで、今日は一日幕張メッセや南船橋周辺の施設を回ってきたので、ちょっと疲れ気味。
あまりまとまらないブログになってしまいましたが、このシリーズ、もう少し続けて行きたいと思っています。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/157-66ef3f5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
10位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる