Entries

シリーズ ラジオの生きる道(18)~ネットワークとFM大阪

FM大阪はネット番組を受けるのをやめ、自主編成にすればFM802といい勝負をするだろう、私はそんな感想を持っています。
何故、FM802が大阪で受けているのかといえば、そのほとんどが大阪の自主制作番組だからです。
土曜、日曜の昼間も、生放送を行っています。
車でラジオを聞いている人は、やはり今大阪ではどんなことが行われているか、DJが今何をしているのか、何を考えているのか、そういう同時代性に共感しようとするものです。
同じ時間を共有している、それもラジオでは重要な要素なのです。
なのにFM大阪では、東京から流れてくる、いつどこで収録したかわからない番組をただ漫然と流しているだけです。
出演者は確かにビッグかもしれませんが、ここはテレビではありません。
大阪を体現できるなら、そんなに有名でなくても、いや体現さえできればリスナーが出演者を有名にしてくれます。
前にも書いた「たまごっちラジオ」です。
育てるのは、リスナー、ユーザーなのですから。


今は、どれだけ有名なアーチストであれ、さまざまな情報が24時間ネットで流れています。
ラジオの出演者にわざわざ名前を求めたりしません。
なのに、過去のビジネスモデルを変えることができないラジオ局(FM大阪を筆頭とした)は、いつまでも出演者の名前に頼ろうとするのです。
いわゆるユーザー(リスナー)とのミスマッチ。
クライアントには、もはや自明のこの事実を何故かラジオ局は意識していない、わかっているのかもしれませんが、具体的対策は何もしていない。


昨日最後で書いたように、ビジネスモデルを変えることは、短期的にラジオ局を赤字にさせます。
そして、その企てが失敗すれば、当分赤字が続くのは見えています。
そんな危険な選択ができる経営者は、例えば今のFM大阪にはいないでしょう。
今までこれでやってきたし、今の中に新しい萌芽もあるはずだ、ネット番組を切るなんてバカなことができるわけないだろう。
多分、色んな理屈を振り回し、現状を肯定されることでしょう。
しかも、大阪がJFNのネットを受けなくなれば、スポンサーがJFN番組の提供を中止する材料を与えるようなものだとTFMから猛反対が起きるかもしれません。


全国ネットというのに大阪だけ放送しないでは、全国を相手にするクライアントは困惑するでしょう。
そんな状態なら、いっそ番組提供をやめた方がクライアント的に問題は起きません。
大阪だけ、ローカルの別番組になんてことも、今の状況では考えないでしょう。
神戸のKISSFMがネットを受けていれば、曲がりなりにも全国ネットという形は成立しますが、やはりFM大阪で流れなければ完全ではないでしょう。
それよりも、今やクライアントは全国ネットのラジオ番組に昔ほど熱心ではないというか、商品の宣伝展開で重要なメディアだと思っていないのではないでしょうか。
ラジオは、全国ネット番組よりもローカル番組の方が使い勝手がいい、多分偽らざる気持ちだと思いますよ、クライアントの。


音楽業界の方の話です。
新曲キャンペーンで、大阪にプロモーションでやってくるアーチスト、今も昔と変わらないぐらいおられます。
で、ゲストブッキングで、いくつかのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌と交渉されるのですが、一番望んでいるのがFM局のブッキング。
AM局でもゲストブッキングできる人気の番組は多いので、それでも大いに嬉しいのでしょうが、何といってもFMは音楽をちゃんと聞いてくれます。
そして話題も音楽が中心、新曲キャンペーンでわざわざ来ているのですから、AM局が得意のパーソナルな話題に時間をかけるよりも、リスナーにその曲を興味を持って聞いてもらいたいのは当然でしょう。
しかもFM局なら、どこでもいいかというと、やはりメインは大阪の2局、FM802orFM大阪なのです。
ブッキング表を、例えばアーチスト事務所に見せた時、最低限どちらかの局が入っていればとりあえずOK。
どちらもなく、FMは京都とか神戸では、手放しでは喜んではくれない、大阪は無理だったんですか?と必ず聞き返される、とその人は言っていました。


腐っても大阪、なんですね。
例えば全国を対象にしているクライアントも同じような感想を持つでしょう。
大阪は、やはりマーケットとしてはでかいのです。
東京で展開できればそれでいい、なんて全国対象のクライアントは思いません。
東京から情報発信すれば、必ず大阪にも届くと思うから東京をキーとしたネットワークに金をつぎ込んでいるのです。
大阪に届かないとなると、そんな金使いますか?


大阪がネットを受けない、そうなれば、クライアントは番組提供をやめる、一昔前はありえないことが、今では簡単にそうなる時代です。
ある意味大阪には地雷が埋まっているという事態です。
だれかがそれを踏めば確実に被害は出る、なんかそんなイメージを描いているのですが、どんなものなのでしょうかね。
ネットワークとFM大阪の話、次回も続きます。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/144-7800e4c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
7位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる