Entries

シリーズ 広告代理店・7

体験談から広告代理店にアプローチするシリーズ、引き続き書いていきます。
広告代理店の局担当者、情報収集にしょっちゅう放送局に顔を出すと前回お伝えしましたが、じゃあ、スポットの発注とかタイムの話とかはいつするの?という疑問が出てきますね。
発注、実はほとんど電話で行われます。
発注というのは、代理店の営業さんからまとめて媒体部に降りてきます。
それを受けて媒体担当は、それを各局に一斉に伝達するので、勢いその手段は電話ということになります。
ファックスで一斉送信というのもあったでしょうし、最近ではメールという手段もあります。
ただ、そのメッセージが媒体に本当に届いているかを確認するまでに、ファックスやメールでは時間がかかる可能性もあるので、電話するのが一番早いのではないかと思います。
条件なども細かく伝えることもできますし。
ま、放送局の営業からすると、この発注を受けるの、本当に気分がいいものです。
最終的に決定するかどうかはわからなくても、確率の高い宝くじを買ったような気分といいますか。
さっそく、スポット案を提出(たいてい、自分で代理店まで届けます。発注関連の話も聞きたいし。)し、後はわくわくしながら待つという感じですか。


でも、発注した方、意外と冷たいというか、提出したプランが決定したのかどうか余り教えてくれません。
催促するのも何なのでしばらくほっておくと、いきなりCM素材が搬入され、CMデスクから、「おい、この素材、どの分?決定なら放送表を書いてよ。」と言われることもよくありました。
で、やはり電話で担当の方に「あのプラン、決定でいいの?」と尋ねると、「あ、伝えてなかった?決定、決定、当たり前じゃん。」などと返事が来ます。
何が当たり前なんですかね。


ま、それぐらい、広告代理店の媒体担当の方はお忙しいのでしょう。
売上もグロスが決定すれば、媒体担当としても万々歳なのでしょうね、各局のことなど忘れてしまうぐらい。
そういえば、結局こちらの案が通らなかった時、つまり採用されなかった時もあんまり連絡はなかったですね。
決定通知がなければ落ちたと思え、みたいな慣習もあったような。
そんなに知りたければ、そちらから聞きに来い、ま、あんまり聞かれたくないけどね、残念でしたというだけだし・・・。


タイム提供やイベント関係はもう少し複雑です。
たいていは、クライアントに対し、広告代理店が大まかなプランをプロモートし、それが感触が良いなるとラジオ局側に連絡が入ります。
こんな感じで、ラジオ局側のプランを書いてくれる、できれば採用されないようなダミー案を2つぐらいつけて。
普通の営業マンなら、ここで編成や事業担当に相談するわけですが、ラジオ局の現場からはなかなかプランは降りてきません。
ましてや、ダミー案をうれしそうに書いてくる現場の人間は稀有です。
ダミー案?面白い慣行ですね。
本命案を通すために、それよりどう見ても質が落ちる案(かといって箸にも棒にもかからないのはダメ)を2つほど出し、その3つの案からクライアントにどれがいいかを決めてもらうのです。
これがいいので、これにしなさい、なんてのはクライアントの心象を悪くするので、あくまで選ぶのは貴方、みたいなやり方ですね。


でも、時々、このダミー案がクライアントのお眼鏡にかなったりして、ラジオ局側は、うわあ、えらいこっちゃ~、本当にこれできるの~、なんてあたふたすることも珍しくはありませんでした。
おい、代理店、それぐらい説得できなかったのかよ~と怨嗟の声を発しながら、ラジオ局の現場に、ごめん、これやって、申し訳ない、と頭を下げることになるわけです。
ま、代理店なんか、こういう時は無責任なもの。
ダミーだろうと、提出した以上はやってもらう、そんなの当たり前じゃん。


ということで、そういうこともあったので、私はあまりタイムの発注があっても、編成や事業に振らず、勝手に自分でプランを書いて出していました。
そりゃ、先輩諸氏から生意気だと言って編成部から排斥されたとはいえ、制作の現場に5年もいれば、企画書を書くのは全く苦痛ではありません。
いや、営業しているより、そっちの方がずっと楽しい。
で、私自体は、プランをなかなか出してこない制作現場に悩まされることはありませんでしたね、幸運なことに。


このあたりの話、ラジオ局におられた方からは大いに共感を得られることだと思います。
でも、今はどうなのでしょうね、そんなプランの要望、広告代理店から来なくなっているかもしれません。
ラジオの企画なんか、勝手に考えて、プレゼンしたかったらどうぞご自由に、という感じなのでは。
ラジオ媒体、もはやクライアントから期待の目で見られる時代ではなくなったのは否定できないようですね。
ということで、今日はこんなところで。
次回もお楽しみに。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://from3.blog.fc2.com/tb.php/109-6483e7fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
11位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる