Latest Entries

ラジオが好きということ

V-Lowマルチメディア放送、i-dioからCrimson FM(Rakuten.FM)が撤退するという。
他にも、今月終了するコンテンツがあるらしい。
もはや何のために放送しているのかわからないという声も多い、マルチメディア放送。
つまりユーザーがいないのだ、それを心から必要としているリスナーがいないラジオ。
何のために作ったのだろう。
お金が集まってしまうのも良し悪しだ。


ラジオが好きな人は今もいっぱいいる。
毎日ラジオを聴くのが楽しみだと言う人もいっぱいいる。
私もその一人だが、残念ながらi-dioを何が何でも聞きたいとは少しも思わない。
魅力的ではないといえばそれまでなのだが、誰もそれを話題にしないので、日常に言葉が現れてこないのだ。
これからどうするつもりか、責任者に聞いてみたいものだ。


ところで、ラジオが好きということは、どういうことなのだろう。
自分の時間をラジオに捧げる、その価値がある、そう信じ込んでいる状態なのだろうか。
つまりはラジオ信者だ、そうでない人にとっては、全く心に響かない媒体なのかもしれない。
まあいい、私はラジオ信者の一人なのだ、文句あるか・・・。


ラジオ体験、私の場合は3~4歳の頃だったと思う。
覚えているのは、相撲の実況。
箪笥の上に置いてあった古めかしいラジオから、それは流れていた。
裁縫をする母の横で、3歳の私は楽しみに聞いていたという。
古関裕而さんの「スポーツショー行進曲」の主旋律が流れ、それとクロスする形で触れ太鼓の音がなり、場内のガヤが加わってアナウンサーの声が聞こえてくる。
子供の心が躍る瞬間だった。
その影響でか、新聞の相撲記事もその頃から好んで見ており、関取の難しい漢字もほとんど覚えていたという。


同じころ、近く(阪和線美章園駅)に住んでいる縁もあってか、蝶々雄二さんのラジオ番組「漫才学校」や「夫婦善哉」などもよくわからないながらも聞いていた。
江戸の落語とか浪曲なども、よく耳にした。
上方落語は、正直いってその頃はあまりラジオから聞こえてこなかったような気がする。


小学校に入り、今度は歌謡曲をよく聞いた。
家が下宿屋をやっていたので、若い人がラジオで歌謡曲を聴いている横で一緒に耳をすませ、石原裕次郎や赤木圭一郎の歌を覚えた。
若い人は、学生さんだったり、労働者だったりで、ラジオは少ない娯楽の一つだったのだろう。
母も、三橋美智也や高田浩吉が好きだったので、自然と私もそれらの曲を覚えた。
ラジオとともに覚えた曲、今もすらすらと歌詞が出てくる。


そして小学校の高学年になり、ポピュラー・ミュージックの洗礼を受ける。
コニー・フランシスにジョニー・ソマーズ、彼女の「ワン・ボーイ」は今も心の遠いところをくすぐる。
ラジオで音楽を聴く子供がここに生まれ、それが中学時代になってビートルズと出会うのだ。
このあたり、書くと長くなるので別の項に譲るが、とにかく新しい文化はラジオから次々を流れてきた。
桂米朝さんを中心とした上方落語の復興、徳川無声さんの朗読劇「聊斎志異」なども心に残る。(ただし、聊斎志異についてはネットで見る限り、そのような放送があった記述が見つからない。私の中では中国文学に興味を持つきっかけだったので、絶対にあったはずという気がするのだが。)


この後は、深夜放送が話題になり、色んな番組やラジオDJが活躍するのだが、それについては既に多くの人が書いていることなので、ここでは触れない。
しかし、ラジオは本当に若い人たちから愛されていた。
今のネットやスマホがなくてはならないのと同じように、ラジオはなくてはならなかった。
青春の何百ページがラジオとともにあった。
それを今も愛さないはずはなかろう。


だが、ラジオは過去のような栄光はもはや持たないだろう。
今のラジオが持ってくるものは、もはや色あせた文化のみだ。
ラジオショッピングなどというのは、ラジオをますます艶消しにさせる情けない劣文化だ。
未来の扉を開ける風を持たないラジオは、もはや千の風の下で朽ちていくだけだ。
ラジオが好きだという私の気持ちは、ただその風に揺らぐのみなのだろう。


マルチメディア放送、今からでも遅くない、そのあたりを見据えながら、再び新しい未来の可能性を提示してもらえないだろうか。
もちろん、私の出る幕はない、それは認めざるをえないにしても、私にその夢をもう一度見させてほしいと思う気持ちまで否定してもらいたくない。

ラジオと一緒に今しばらく踊っていたい、そう思う人はまだまだいっぱいいるはずなのだから。

よしなしごと

3/25に書いたことだが、NHKのインターネットラジオ「らじるらじる」が、どうも私の聞いた噂どおりになる感じがしてきた。
先日、らじるらじるアプリを起動すると、いきなり規約の同意画面に。
さっと読むと、本アプリは予告なしに終了するとあった。
つまりは、突然「らじるらじる」のサービスが終わっても文句言わないでね、ということだろう。
前の規約にもその文面があったのかどうか覚えていないのが残念だが、radikoに参画、その後「らじるらじる」サービスの停止ということになるのではないか、と。
間違っていたら、ご免だけど。


i-dio関連では、5/19に加古川に予備免許が下りた。
V-ALERT、つまり災害放送にV-Low帯を使うことが認可されたということだ。
実際にどんなサービスになるのかは、本当に災害が起きない限り一般的にはよくわからないかもしれない。
肝心のその放送を聞くための端末(ラジオ)が、これからどれだけ普及するのだろう。
わかっている人だけがわかっている段階から一歩も出ていない段階。
どんな手段で、地域の人に認知させるのだろう、難しいだろうな。
しかし、i-dio自体の存在がいかにも危ういのは否定できない。
全国への置局を急ぐよう国から要請されても、誰の責任でそれに対応するのだろう。
洞ヶ峠の日和見、なんて話もちらほら。


でも、担当者はとても頑張っていると思う。
決まったことは忠実に実行している。
またそれなりにプランを作って、今後どうしたらいいかを日々リサーチし、問題提起をしている。
ま、そうでもない人もいるけど、貴重な自分の時間をi-dioに捧げている人も多いことを特記しておきたい。
私のミュージックバード時代と、それは同じだけど。


羅針盤のない時代に、大海に乗り出した人類のことを思う。
一体、どれだけの人が、二度と陸にもどれなかったことだろう。
そこにあるのは、希望という名の彼方だったのかもしれない。


それはそうと、日本、ますます物騒になっている。
国際的にもそうだが、国内的にも火遊びに近い事象が巻き起こっている。
権力者は怖い、特に今のような高度な情報化社会においては尚更だ。
どこかにリスクヘッジはあるのだろうか。
それを警告する人を今の権力は喜んではいないようだ。
危うい話だ、自分を守るシステムをどこかで考えておかなければ。


しかし、こんな社会になろうとはという気分だ。
壊れるなら壊れるしかないのかもしれない。
大きな流れに抗うのは人の力では難しい。
「俺たちはただの魚さ 川の流れまでは変えられない」(増田俊郎作詞 柳ジョージ/コイン・ランドリー・ブルース)

どうなるマルチメディア放送

マルチメディア放送って何?
そう聞かれると困るが、FM東京が作ったサイトを見れば、ある程度の答はわかるだろう。
V-Lowマルチメディア放送ともいう。
で、それを一般化させるためにつけた愛称がi-dio、その下にAmanekチャンネルがあったり、TS ONEチャンネルがあったり、Crimson FMがあったり、Creatorsチャンネルがあったりする。
他にもKANSAIチャンネルとか、地域によって色んなネーミングのチャンネルがある。
他にもBICとか、VIPとか、地域の冠をつけた○○マルチメディア放送とか。
なんだろ、これ。
一般の人にとって、何が何だかわからない構造になってはいまいか。


何を考えてこんなややこしいネーミングにしたのだろう。
それに地方自治体に販売するために、V-ALERTという用語も使う。
展開する側にコンセンサスがないまま、その都度その都度何らかのレッテルを貼るしかなかったのだろう。
名前が普及する前に、言葉(記号)が混乱している。
ムーブメントを起こす側が絶対にやってはいけないことではないか、単純化できないものは人々に伝わらないのは鉄則だろう。


で、その混乱は、官庁がらみで進んでいる。
もはや、FM東京が進めてきた方策は、嵐の中で錐もみ状態だという人もいる。
いわく、民放連全体でバックアップできる体制ではない。
NHKを絡ませられなかったのが、一番の問題だ、とか。
ミュージックバードで犯した愚の再現をまたなぜやるのだろうと私も思う。
こういうことに何百人という関係者が右往左往している。
そう、これで何らかの成功が待っているなら、やる気も生まれようが、どこに成功という旗が見えるだろうか。
毎日、意味もわからず塹壕を掘っている。
そこにどんな夢が語られようか。


今からでも遅くない、まずネーミングを単一化、単純化することだ。
ややこしいものを一つの言葉で語られるようにすることから始めるべきだ。
FM放送という言葉で、かつて新しいサービス放送を確立させたみたいに。
シンプルでないものは、多くの人々に伝わらない。
関係者が頭の整理ができない現状では、最善の策など生まれようか。
マーチャンダイジングの失敗、それはもはや否定できないだろう。


私の後輩が関わっている自治体関連との提携は、少しずつ前に進んでいるという。
これだけでも成功させたいと彼らは願っている。
しかし、それで全体の収益構造が好転することを想定するのは困難だろう。
好転する前に、投資費用が枯渇するという危惧は消えない。
マルチメディア放送という業態を成功につなげるには、人的にも金銭的にも不足しているのが現状だろう。
不足しているからそれを補足しようと思っても、それを調達することが果たして今の主体に可能だろうか。
それは辺境からやってくるのかもしれないと前に書いた。
ただし、関係者にそれを受け入れる度量があるかどうか。


日々干上がるマルチメディア放送という湖。
それでも、そこに住む魚たちは少ない水の中でピチピチはねている。
そこに慈雨はあるのだろうか。
無駄にはねても、助けの水の流れは訪れはしない。
さて、これからどうするのだろう。

ラジオ・メモランダム

久しぶりにラジオ業界と接触。
聞こえてくる話は、投げやりなものが目立つ。
どうしていいのかわからないのだろう。
ラジコもワイドFMも何ら突破口になっていない。
皆さん、それなりに努力はしている。
しかし、そこから未来を描けないのだ。
じゃ、お前に描けるのかと聞かれても困るだけだが。
何しろ、情報が外に出てこない。
ラジコの実際の聴取動態が公開されないのも一因だろう。
レーティングの数値を示されるより、よほど広告業界の参考になる。
とはいえ、公にしたとたん、いきなり出稿止められる可能性もあるので、そんな冒険はできないだろうな、サラリーマンなら。


レーティングといえば、この2月の調査でついにTBSラジオの数字が1%を切った。
引き続き全局1位にかわりないのだが、その数字は0.9%。
ここ3回の聴取率調査の数字を並べると、1.3→1.0→0.9と下がっているのだ。
関係者は少なからずショックを受けているという。
統計学的には誤差の範囲とはいえ、基本的に印象操作的な色合いが濃いラジオのレーティングにとって、1%を切ったというのはマイナス材料でしかない。
もはや他のラジオ局と大して変わらないという印象でしかなくなる。


では、どうしてそうなったのか。
私の意見を最初に書くと、大沢悠里さんの番組が終わり、永六輔さんの番組がなくなった影響があるのではないかということ。
後番組担当の伊集院氏もナイツもそれなりに検討しているのは事実だが、如何せん番組から伝わる厚みがない。
そこからどこへも深まっていかない、という感じが私をイライラさせるのだ。
だから、聞くのをやめてしまう、ま、そういうやや老年人口が2割程度出てきているのではないか。
このまま、1%を超えることがなければ、私の意見はまあまあ当たっているのではないかと思うが、次回のレーティングではどうなるだろうか。
別の方の意見を次に書く。
ラジコのタイムフリーが始まり、別に生で聞く必要がないからだというのだ。
これは、わからないでもない意見だ。
総数は変わらない(あるいは増えている)が、数字としては出てこないのではないかと。
ただ、聴取率調査は日記式なので、たとえタイムフリーで聞いていても、実タイムで聞いたと書き込む可能性はあるのではないだろうか。
今の調査用紙がどういうものかわからないが、もしタイムフリーで聞いたものを別回答するようになっているのなら、こういう危惧は必要ないかもしれない。
実際、タイムフリー調査にもなるので、そういう聞き方をすべきだと思うのだが、どうなのだろうかそのあたり。


そういえば、NHKのラジコ版、「らじるらじる」が近くラジコに参加するという話を聞いた。
経費が高すぎるので「らじるらじる」をやめたいらしいのだ。
それが可能なら、私もうれしい。
NHK第二放送の語学講座がタイムフリーで好きな時間に聞けるからだ。
(今も聞けないことはないが、マイ語学に登録したりしないといけないし、出席数もチェックされるので鬱陶しい。)
もちろんラジコ関係者もそれなりの金が入ってくるからウェルカムだろうな。
ただし、民放関係者がどう思うかはこの際触れないでおく。


ということで、ラジオ業界の未来はまだまだトンネルの中。
早く抜けられる方法を確立してほしいと心から願っているのだが。

ふと気づく

ふと気づくと、2月は一度も更新していなかった。
何をしていたのだろう、こんなに日があいているとは思わなかった。
寒い間、脳がしばし冬眠していたのだろうか、他の作業はしていたのにブログへ意識が行かなかった。
2月は本当に早くすぎますね。

今日、テレビで「アナと雪の女王」やっていたので、つい見てしまった。
映画館で見たのは、もう3年前になるかなあ。
個人的な感想を言うと、吹き替え版よりも字幕版の方が、歌の部分の展開がリアルな感じがした。
松たか子のヴォーカルも悪くはないのだが。

映画といえば、昨日は「スノーデン」を見てきた。
オリバー・ストーンらしい映画。
「プラトーン」「サルバドル」「ウォール街」「7月4日に生まれて」等、初期作品はよく見たが、久しぶりに見た彼の映画。
いつも無力感しか残らないが、これで何かを考える人が増えるのであればいいのにと思う。
知らない世界が、まだまだ一杯窓の向こうにある。
それを恐怖と思うか、どうでもいいと思うか。

Appendix

四季の花時計

プロフィール

フロムさん

Author:フロムさん


100以上の番組、ライブを中心としたイベント、舞台、映画など、専らクリエイティブな世界に身を置いて30年。
言いたいことは一杯あっても、口に出せないことだらけ。
せめてはその一部でも書き残そうと試しに作ったブログ。
いつまで続くかは皆さん次第。


ツイッターHN :abex795 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラジオ
9位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる